いよいよ発表! 24時間マラソンランナーは「亀梨和也」!! 4つの鉄板根拠

 いよいよ放送が迫ってきた日本テレビ系列の夏の恒例チャリティー特番『24時間テレビ 愛は地球を救う』(8月26〜27日放送)。

 今回、放送前から例年以上に盛り上がっているのは、「24時間マラソンランナー」が当日発表であることがその理由に違いない。ランナーになりえる条件は「当日、武道館にいる人」、「走る理由がある人」の2つなのだが、本サイトは、ランナーを断言したい。亀梨和也(31)だ!

 その根拠は4つ。まずは体力面だ。

「今回の選定にあたり、制作サイドが当初、マラソンランナーとして期待していた人物に断られたのは確かなようです。そこから、揉めに揉めて、結局、7月末に“当日発表”ということを明らかにした。どうやら、その頃にはランナーは決まっていたようですが、例年に比べると、あまりにも準備期間が短い。高齢者や女性、体力面に不安のある人だと、走りきれないどころか、大きな事故につながる可能性もある。それを避けるためには、今回は、体力面に不安のない、若い男性が有力候補になります」(スポーツ紙記者)

 当日の武道館にいる出演者の中からこの時点で、徳光和夫アナ(76)、水ト麻美アナ(30)、ブルゾンちえみ(27)、そして50歳の東野幸治、宮迫博之(47)、羽鳥慎一アナ(46)、後藤輝基(43)あたりまで消していいのではないか。残る候補者は、櫻井翔(35)、小山慶一郎(33)、亀梨和也、そして、みやぞん(32)とサンシャイン池崎(35)の5人だ。

 26日の関東地方は雨の予報だが、気温は30度を超えるもよう。翌日27日は30度を超える晴れ予報で、炎天下の中を走るのは必至だが、前出の5人なら、なんとか走りきれるのではないか。

 2つ目の根拠が、ここまで情報が漏れなかった徹底した情報管理の側面からだ。前出のスポーツ紙記者は言う。

「今回、制作陣は、総合司会の羽鳥アナにもマラソンの練習を課すなど、カモフラージュを含め、情報統制を徹底的にしていました。そして、具体的な話がまったく漏れなかったのは、ランナーが口の極めて堅いところに所属しているということ。それはつまり、制作の一部と本人しか知らないという意味で、日テレ局員。もう一つは、ジャニーズタレントしかないでしょう」 だが、日テレ局員の水トアナは、根拠1つ目の体力面で消えている。したがって残るのは、ジャニーズの櫻井、小山、亀梨ということになる。

  1. 1
  2. 2