高橋真麻の“手つなぎノロケ”に、Hey!Say!JUMP伊野尾慧ドン引き「絶対やだ」

 9月9日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に、フリーの高橋真麻アナウンサー(35)が出演。交際中の彼氏とのラブラブエピソードを披露し、タレントの久本雅美(59)やHey!Say!JUMPの伊野尾慧(27)らをドン引きさせる場面が見られた。

 この日は、昨年、不動産会社社長との熱愛が報じられた真麻がゲストとして登場し、久本や伊野尾らとさまざまなトークを展開。その中で、久本から「彼氏とつきあって今、順調? 何年ぐらいですか?」と聞かれた真麻が「1年10か月ぐらい」と答えると、久本は「(期間を)細かく刻むのがムカつく」と噛みつき、スタジオの笑いを誘った。

 真麻によると、父親で俳優の高橋英樹(73)や母親に彼氏を会わせたそうだが、結婚まではまだ考えていないという。その理由について「皆さんが“離婚するのは、本当大変”ってすごく言うので。業界の方とかも」と説明し、もし離婚することになった場合を考えると、結婚に踏み切れないと明かした。

 そんな中、「今でも(デートの)待ち合わせをしたらドキドキする」という真麻は彼氏とのラブラブエピソードを語り始めた。真麻の話では彼氏との電話を毎日欠かさないそうで、真麻が電話をかけると、彼氏はたとえ目上の人物と食事をしているときでも電話に出てくれるのだとか。それを聞いた久本から「男としてどうかなー?」とツッコミを入れられた高橋は「確かに、確かに」と苦笑いを浮かべた。

 また、都内でデートする際は手をつなぐそうだが、海外ではテンションの高くなった彼氏が真麻を置いたまま、一人で先に進んでしまうという。そんな彼氏に腹を立てた真麻はわざとはぐれ、心配した彼氏から怒られるそうだが、彼氏には「手をつながないから、はぐれるんだよ。はぐれるのが嫌だったら、手をつないでおけばいいじゃん」と反論すると話した。それに対し、久本が「面倒くさーい! 子どもじゃねーんだから!」とあきれ返り、伊野尾も「絶対無理! 絶対やだ!」とドン引きしていた。

「真麻の彼氏と会ったことがあるというタレントのいとうあさこ(47)は、その彼氏について“長身のスッとしたオシャレな男性”だと評していました。番組では結婚に否定的な真麻でしたが、以前は東京五輪までに結婚したいと語っていましたね。ゴールインはそう遠くないかもしれません」(芸能誌記者)――お幸せに!

本日の新着記事を読む