■メジャーデビューしてから今年で15周年

 そしてメジャーデビューしてから、今年でちょうど15周年。それを記念して書籍が3冊出るんです。『綾小路きみまろ 爆笑フォーエバー』(文藝春秋)、『書きとりきみまろ』(講談社)、『しょせん幸せなんて、自己申告。』(朝日新聞出版)の三部作。中高年の皆さま、もし興味がございましたら、ぜひお手に取っていただければと思います。

■中高年のアイドルは東京オリンピック後に「五輪中」!?

 今後に関しては、2020年にちょうど70歳になりますし、東京オリンピックまでやって死ぬのもいいかなと。オリンピックの後に死ぬのを何て言うかというとね、「五輪中」って言うんです(笑)。

 でも本音としては、今も年間100本、1時間喋りっ放しのライブを行っていますけど、時間を割いて足を運び、腹を抱えて笑ってくださるお客様がいる限り、具合が悪くなるまでとことんやり続けたいですね。だって、具合が悪くならないと死ねないんですから(笑)。

撮影/弦巻 勝

綾小路きみまろ(あやのこうじ・きみまろ)
1950年、鹿児島県生まれ。高校卒業後に上京。キャバレーの司会者、大物演歌歌手の専属司会者などを経て、2002年にメジャーデビューし、中高年をモチーフにした漫談で大ブレイク。現在も「中高年のアイドル」として全国各地で年間100本に及ぶライブを開催する他、テレビやラジオなどでも活躍中。

本日の新着記事を読む

  1. 1
  2. 2