「格安スマホ」おじさん世代のためのマル得ガイド

「使ってみたいけど、難しそうだし……」 気にはなっていても、なかなか手を出せずにいたスマホ。でも、最近は驚くほど格安で入手できちゃうのだ!

■ビックカメラのナンバーワン販売員が徹底指南!

 今回、本誌の取材にご協力いただいたのは、ビックロ・ビックカメラ新宿東口店の携帯電話売り場担当の中山翔太さん。「格安スマホに関しての商品知識は誰にも負けませんよ」と自認するビックカメラのナンバーワン販売員だ。「通話メインにしてもネット中心に使用するにしても、初めてスマホを購入される場合、やはり皆さん値段を気にされる方が多いですね。ですが実は今、ガラケーよりもスマホのほうが安いパターンも多いくらいなんですよ」(中山さん=以下同)

■実はガラケーよりも月々の料金が安い場合も

 スマホ=高いというイメージもあるが、なんと、機種によってはガラケーよりも安いプランで利用できるのだという。今でもガラケーを使用している読者諸兄は、月々いくらケータイ代に使っているのか、一度見直してみるのもいいかもしれない。「最近人気の格安スマホであれば、プランにもよりますが、最も安いもので月に1600円くらいで済むタイプのものもあります。我々のような現場の販売員でも驚くような価格の機種が次々と登場しています」

 そんなに安いのなら……とは思うものの、やはり躊躇してしまうのはスマホの操作や使い方。なんだか難しそうだし、パソコンの知識がないと使いこなせないんじゃないか……そんな不安がよぎる。「いえいえ、それが実際に手にされてみると、皆さんすぐに使いこなせるようになりますよ。ビックカメラの店頭で購入された方でしたら、わからないことがあったらお店に相談に来ていただければ、本当にどんなに小さなことでもできる範囲でご対応させていただいておりますので、安心してご検討いただければと思います」

■LINEを入れれば、子どもや孫とも仲良くなれる!?

 また、スマホを手に入れると、人気のLINEなどのアプリが使えるようになるのも魅力だ。「今や中高生はもちろん、小学生でもLINEでやりとりしている時代です。スマホなら、アプリさえ入れられればLINEができるようになります。おかげでお子さんやお孫さんとのメールでの会話や、写真のやりとりなど、ちょっとしたコミュニケーションの機会がすごく増えた、なんて喜ばしい話もよく聞きますね」

 今まで頑なに敬遠してきたスマホも、格安スマホなら、値段も機能面もこんなにいいことばかり。買い替えるならまさに今かもしれない。使いこなせば、世界は広がるはずだ!

■実は50代以上の男性ではスマホの普及率はまだまだ

 内閣府が発表した「主要耐久消費財 普及率・消費動向(2017年3月)」の「スマートフォン世帯主年齢階層別普及率」の調査によると、50代以上の単身世帯で58.2%、60代以上で36.4%、70代以上で17.2%の人にしかスマホが普及していないのだという。つまり、この世代ではガラケー(旧型のいわゆる携帯電話)を使用している割合がいまだに高く、まだまだ大多数を占めているということでもある。

 だが、ちょっと待ってほしい。数年前までかなり割高だったイメージのスマホも、最近ではかなり格安の商品がますます登場してきているのだという。下手をしたらガラケーよりも月あたりの使用料がかからないプランもある。これはもう、乗り換えたほうがお得かも!?

  1. 1
  2. 2