11月25日にスタートした、綾瀬はるか(32)主演のNHK大河ファンタジー『精霊の守り人~最終章~』が平均視聴率6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低調。厳しい滑り出しとなったことで、ネット上では「最初で最期の大河ファンタジー」と嘆きの声が上がっている。 同作はNHK放送90年を記念して作ら…