先のドラフト会議で7球団から指名を受けた大物ルーキー清宮幸太郎(北海道日本ハム)の背番号が「21」に決定した。日本のプロ野球では10番台、20番台はピッチャーが背負うことが多い。その意味では意表を突く番号だ。なぜ「21」なのか。

■メジャーリーグのロベルト・クレメンテをモデルとしてイメージ

「モデルとしてイメージしたのはメジャーリーグのロベルト・クレメンテ選手」(大渕隆スカウト部長) 周知のようにメジャーリーグでは慈善活動に熱心な選手に対し「ロベルト・クレメンテ賞」が贈られる。そもそもロベルト・クレメンテとは、どういう選手なのか。

「ヒスパニック系の先駆け」と呼ばれるクレメンテは1955年にパイレーツでメジャーリーグデビューを果たす。「ライフルアーム」と呼ばれる強肩でゴールドグラブ賞に12回も輝いている。バットコントロールもよく、首位打者に輝くこと4度(61、64、65、67年)。パイレーツ一筋18年、通算3000安打を記録している。

 シーズンオフの1972年12月、彼のキャリアは唐突に終わりを告げる。地震に見舞われたニカラグアに救援物資を運ぶ途中、飛行機がカリブ海に墜落。クレメンテは38歳の短い生涯を閉じた。

●「サイ・ヤング賞よりも価値がある」と語ったジョン・スモルツ

 いかにクレメンテ賞が偉大かについては、05年に夫婦での奉仕活動が認められて同賞を受賞したジョン・スモルツが「サイ・ヤング賞よりも価値がある」と語ったことでも明らかだ。「サイ・ヤング賞」といえば、言うまでもなく511勝をあげたメジャーリーグ最強のピッチャー、サイ・ヤングの功績を称え、そのシーズンで最高のピッチャーを顕彰するメジャーリーグで最も権威のある賞のひとつである。さらにスモルツは続けた。「野球人として偉大であることは素晴らしい。しかし、人間として偉大であることはもっと素晴らしい」

 ある意味、清宮は重い番号を背負ったと言えるかもしれない。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-