『ザ!鉄腕!DASH!!』、正体不明の果物を平気で食べるTOKIOにツッコミ殺到!

 12月3日に放送された『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、TOKIOのメンバーがドライフルーツ作りに挑戦。毒があるかもしれない果物を平気で食べ、視聴者の驚きを誘ったようだ。

 この日の放送では、TOKIOの城島茂(47)、山口達也(45)、松岡昌宏(40)が、DASH島の“手つかずの森”を散策。自生するアケビの実を大量に発見した3人は、保存の利くドライフルーツ作りをすることに。

 アケビ以外の果物を探す3人は、赤い実と緑の実がついた謎の果物を発見。城島は「赤いのがおいしそうやね」とえたいの知れない実を食べようとすると、山口と松岡は「いやいや危ない」「食べないほうが良いよ」と注意。しかし城島はそんな2人の制止も気にせず口に入れ、「あぁ~、これイケる!」「ほのかな甘みがある」と絶賛した。

 ちなみに、これはイヌマキという木になる実で、城島が食べた赤い実のほうは食べられるが、緑色の部分は有毒だという。

 さらに3人は浜辺でブドウのような謎の果物を発見。今度は松岡が「イケるんじゃないかと思う」と言いながら、ためらわずに口に入れる。しかし、似たような果物で毒性があるものが存在するため、他のメンバーは「しびれたらヤバい」と心配。しかし、この松岡が口にした果物は、ブドウの仲間のエビヅルという食べられる果物で、「甘酸っぱい」「これうまい!」と大好評だった。

 見つけた果物を次々と食べていくTOKIOのメンバーに、視聴者は衝撃を受けたようだ。ネットには「TOKIOが食中毒で入院ってニュースが出ても、もう絶対に驚かない自信がある」「これ見てるとTOKIOがアイドルだということを忘れる」「よく分からない食べ物を口にいれちゃいけません!」「アイドルなのにそのへんのものを口に入れて、病気になったらどうするの!?」など、メンバーの行動にツッコミが殺到していた。

「同番組では、過去にも“食用ではないが毒もない”という山菜を口にしています。それは見た目もグロテスクな、オニヤブソテツやイシカグマといった山菜で、城島は“火を通せばイケるんちゃう”と言って、山口と一緒に食べていました。このときにも、“毒がなければ食べても問題ないっていう発想がおかしい”と、視聴者からツッコまれていましたね」(テレビ誌ライター)――TOKIOのサバイバル能力はピカイチ!

本日の新着記事を読む