6年連続のリーディングサイアーが確実視されるディープインパクトだが、今年は春シーズンで思わぬ不振に陥った。珍しく3歳牝馬のG1を勝てず、重賞レースの勝ち鞍も激減していたからだ。しかし、そこはスーパーサイアー。来シーズンに向け、2歳馬部門が…


本日の新着記事を読む