土田晃之「ガン飛ばされた」浜田雅功との恐怖の出会いを明かす

 12月5日放送の『ごぶごぶ』(毎日放送)にお笑いタレントの土田晃之(45)が出演。ダウンタウンの浜田雅功(54)と、初めて出会ったときのことを振り返っていた。

 今回の浜田の“相方”となる土田は、大阪にはほとんど来ないという“大阪初心者”。そこで、土田の知り合いの大阪在住の芸人たちが紹介する、今さら行きづらい感じはするが、一度は行っておいたほうがいいという大阪の“ベタスポット”を、貸し切り観光バスで巡ることに。

 目的スポットへ向かうバスの中、話題が土田と浜田の初めての出会いになると、土田は「浜田さんは覚えてないと思います」と前置きし、「僕が芸人やり始めたときに、アルバイトでフジテレビのエキストラをやっていたんですよ」と、コント番組のエキストラを1回3000円でやっていたと告白。

 続けて土田は、『女だらけの水泳大会』の収録のため、フジテレビに泊りがけで行ったとき、眠れずに友達と局内の食堂のベンチで時間を潰していると、真夜中なのに足音が聞こえてきたと語った。その足音の主が浜田とマネージャーだったそうで「すっごい夜中、誰もいない廊下を、誰にガンを飛ばしてんのか分かんないけど、歩いてきて」と、そのときの様子を振り返った。

 浜田が目の前のエレベーターに乗り込んだので、土田は立ち上がって「お疲れさまでした!」とあいさつしたのだが、無言でガンを飛ばされたまま、エレベーターのドアが閉まってしまったと、浜田のブスッとした顔マネをしながら説明。浜田に「ホンマか!?」と頭を叩かれてツッコまれると、土田はドアが閉まった途端、一緒にいた友だちと「めっちゃ怖くね、浜ちゃん。何に怒ってんの?」と、騒然となったと打ち明け、浜田らを爆笑させていた。

「土田がエキストラをやっていたのは27年ぐらい前で、浜ちゃんがウッチャンナンチャン、とんねるず、B21スペシャルらと共に、“お笑い第三世代”として一大ブームを巻き起こしていた頃ですね。土田はデビュー当時、“ダウンタウンなんて軽く抜いてやる”と豪語していたというエピソードがありますが、浜ちゃんのことは、それ以前から意識していたのかもしれませんね」(お笑いライター)――浜ちゃんは何に怒っていたの?

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP