浅田真央、宮里藍、木村沙織…「美女アスリート」引退後の現在

 美しく咲き誇った花も、やがて散るのが世の理(ことわり)。どれほど優れた女性アスリートにも、現役を引退する日は必ず訪れる。多くの栄光と挫折を経験した彼女たちはその時、何を思い、どう決断したのか――。銀盤の女王・浅田真央からテニス界のレジェンド・伊達公子、エレガンス女王と呼ばれた体操の田中理恵まで、スポーツファンを魅了した美女アスリートの過去と現在を探る。

■浅田真央はオリンピック金メダル獲得ならずも…

〈突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました〉――。4月10日22時51分、自身のブログで現役引退を表明した浅田真央(27)。五輪の金メダルにだけは縁がなかった彼女だが、世界選手権優勝3回、GPファイナル優勝4回は“銀盤の女王”の名にふさわしい不滅の金字塔である。

 そんな彼女のスケート人生の集大成となったのが、14年のソチ五輪。10年のバンクーバー五輪ではキム・ヨナ(韓国)に金メダルを阻まれ、雪辱を誓って臨んだソチだったが、浅田はショートプログラムでミスを連発し、まさかの16位発進。演技後も「何が起きたのか分からない」と放心状態だった。さすがの浅田も心が折れたか、誰もがそう思ったに違いない。だが、翌日のフリースケーティングの彼女の演技は圧巻だった。「冒頭のトリプルアクセルを成功させた浅田は、6種類の3回転ジャンプを計8回跳ぶという女子フィギュア史上初の快挙を達成。フリーの自己ベストを更新し、順位を6位まで上げた」(スポーツ紙デスク)

 目に涙を浮かべながら天を仰いだ彼女の顔に、徐々に満足げな笑みが広がっていく――世界が感動し、涙した瞬間だった。同年の世界選手権で優勝した彼女はその後、1年間休養。15年秋に復帰したものの、持病となった腰痛と左膝の故障もあって輝きを取り戻すことはなかった。

●フランス人モデルとルーブル美術館デート

「引退後はプロスケーターとしてアイスショーに出演している浅田ですが、最近は姉の浅田舞の振付で、振付師デビューも飾りました。10月にはフランス人イケメンモデル、ロマ・トニオロとのルーブル美術館デートが報じられるなど、ロマンスも」(スポーツ紙記者)

■村上佳菜子は『メレンゲの気持ち』にレギュラー出演

 4月23日に引退を表明したのは、同じフィギュアスケートの村上佳菜子(23)。10年のジュニア世界選手権で優勝。14年のソチ五輪は12位に沈んだ。「近年の彼女は左足の疲労骨折などもあって、不本意なシーズンが続きました。もともと、競技よりもフィギュアの指導者になることを夢見ていただけに、引退の決断は早かったようです」(スポーツ専門誌記者)

 すでに山田万知子コーチのもとで指導者になるための勉強を始めている彼女だが、10月からは『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)にレギュラー出演。「ぶっちゃけキャラが受けて、バラエティに引っ張りだこ。ある番組では“これまで交際した男性は2人いる”と告白。といってもキスもしてない関係だったそうですが……」(芸能記者)

■木村沙織は元バレーボール選手と結婚

 バレーボール界のスーパースター、木村沙織(31)は3月に現役引退を発表。成徳学園高(現・下北沢成徳高)2年生時に日本代表入りし、スーパー女子高生といわれた彼女は、04年のアテネから4大会連続で五輪出場。12年のロンドンでの28年ぶりの銅メダル獲得にも大きく貢献した。「木村は、エースアタッカーでありながら守備もうまく、セッターをこなす器用さもある。まさにバレーボールの申し子です」(バレーボール専門誌記者)

 昨年12月に、交際が報じられていた元バレーボール選手の日高裕次郎氏と入籍したことを公表。現在、新婚生活を送っている。「天然キャラで知られる木村ですが、引退後はブログをこまめに更新しています」(前同)

●チームメイトの迫田さおりも引退

 木村と東レのチームメイト、日本代表でも一緒だった迫田さおり(29)も5月に現役引退。強烈なバックアタックを武器にロンドン五輪でも活躍した彼女だが、「肩の故障が引退理由の一つ。今は故郷の鹿児島市に帰って家族と同居。地元でバレー教室をやっているとか」(スポーツ紙記者)

■テニス界のレジェンド、伊達公子は韓流ドラマにハマり…

 テニス界のレジェンド、伊達公子(47)は9月に2度目の現役引退。WTAランキングの最高位はシングルス4位。ウインブルドンの準決勝まで進出した彼女だが、故障を重ねた両ヒザはすでに限界を超えていた。「25歳で引退し、37歳で復帰。その後、9年間現役を続けたのだから頭が下がります。私生活では昨年、ドイツ人レーシングドライバー、ミハエル・クルムと結婚15年目で離婚。彼とは、今もいい友人関係だそうです」(テニス関係者)

 引退後の彼女は、「韓流ドラマにハマり、新宿二丁目に通っている(笑)」(前同)というのだが……。

■結婚も視野に入っている宮里藍

 女子プロゴルファーの宮里藍(32)は、9月に今シーズン限りでの引退を発表。国内ツアー15勝、米ツアー9勝を挙げ、10年には世界ランク1位に輝いた彼女だが最近、成績が低迷。

「“モチベーションを維持するのが難しくなってきた”という引退の理由は、本音でしょう。もう一つ、10年来の交際といわれるマネージャーとの結婚も視野に入っているはずです。引退会見では“結婚はまだないです。すみません”と言っていた宮里ですが、2人の仲はゴルフ関係者なら誰でも知ってますからね」(スポーツ紙記者)

 リオデジャネイロ五輪女子柔道70キロ級の金メダリスト、田知本遥(27)は10月に現役引退を表明。「柔道家として、この道で次に求める気持ちが湧いてこなかったこと」を引退の理由に挙げている。引退後は所属のALSOKに籍をおいたまま、今春入学した筑波大大学院で学業に専念するという彼女。「将来はアフリカや欧州で柔道の普及に取り組む夢もあるそうです」(前同)

■元体操日本代表、田中理恵は妊娠

 さて、ここからは近年、引退した美女アスリートを駆け足で振り返ろう。ロンドン五輪の女子体操日本代表、田中理恵(30)は翌13年12月の引退後も、スポーツキャスターとして活躍するかたわら、東京五輪組織委員会理事も務める多忙な日々を送っている。今年1月1日に一般人男性と入籍したことをSNSで明かした彼女だが、「相手は太陽光発電関連会社社長で、高級外車を数台所有する羽振りの良さ。玉の輿であることは間違いありません」(夕刊紙記者)

 また彼女は、9月に妊娠5か月であることを発表。幸せ二重奏といったところ。

■週刊プレイボーイのグラビアにも登場した田中雅美

 00年シドニー五輪の女子4×100メートルメドレーリレー銅メダリストで、現在スポーツコメンテーターの田中雅美(38)は、今年5月に1歳年下の元飛び込み選手と再婚。10月に第一子(女児)を出産した。「美女の誉れ高い田中は、週刊プレイボーイの袋とじグラビアに登場したこともあるモテ女ですが、一度結婚に失敗しているので、男選びは慎重だったんです。それでもロックオンした男と即妊娠するのだから、さすがです」(夕刊紙記者)

■ミス日本コンテストで特別表彰された美女、畠山愛理

 新体操日本代表“フェアリージャパンPOLA”の一員としてリオ五輪に出場した畠山愛理(23)は、五輪後に現役を引退。現在はスポーツキャスター、タレントとして活躍中だ。「170センチの長身でスタイル抜群の彼女は、15年のミス日本コンテストで特別表彰された掛け値なしの美女。ノリがいいうえサービス精神も旺盛なので、早くも東京五輪のキャスターとしてテレビ各局の争奪戦が始まっています」(芸能記者)

 ちなみに「異国でナンパされたら?」という質問に、彼女は「私は、そんなに軽くない!」 お見事です!

■青木愛や福原愛、浅尾美和は…

 シンクロナイズドスイミング日本代表として08年北京五輪の団体で5位入賞を果たした青木愛(32)は現在、モデル、タレント、コメンテーターとして活躍。バタ臭い美貌と173センチ-B85のダイナマイトボディ、そして“はんなり京都弁”は彼女の大きな武器になっている。

 卓球の福原愛(29)はリオ五輪以後、試合を行っておらず、実質引退状態だ。昨年9月に台湾の卓球選手、江宏傑と結婚し、今年10月に長女を出産している。

 “ビーチの妖精”ビーチバレーの浅尾美和(31)は12年に現役を引退。翌年に一般男性と結婚し、今では二児の母になっている。「その小麦色ボディを狙った騒動まで起きた浅尾ですが、実は現役を引退するまで男性とつきあったことがなかったそうです」(スポーツ紙デスク)

 スノーボードハーフパイプ女子日本代表として06年トリノ五輪に出場するも、予選で転倒。バッシングされたのが今井メロ(30)。父のスノボ24時間スパルタ教育で心を病み、自殺未遂、2度の離婚も経験した彼女の壮絶な半生は有名だ。

 大輪の花を咲かせた美女アスリートの引退後の人生も十人十色のようである。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!