明石家さんま「やめたほうがエエ」神田愛花アナとバナナマン日村勇紀の交際に苦言

 12月12日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、フリーの神田愛花アナウンサー(37)が出演。交際しているバナナマンの日村勇紀(45)との結婚について語り、MCの明石家さんま(62)にツッコまれてしまう場面が見られた。

 今回の放送は、“結婚は本当に幸せなのか!? バツありさん、既婚さん、未婚さん本音をぶっちゃけSP”と題して、さまざまな事情を抱えた女性タレントたちが、夫への不満、離婚の事情、既婚女性への苦情などを告白するというものだった。

 番組冒頭、さんまから結婚の話題を振られると、神田アナは「37歳、遅すぎる感じですね」と不満そうにコメントし、「(日村から結婚の)話がまだまだ出ないので」と明かした。さんまが「結婚する気なかったら、やめたほうがエエやんか」とアドバイスした上で、子どもは欲しくないのかと問うと、神田アナは「自然と産まれればありがたいんですけど……」と消極的な返事をして、さんまに「そんな簡単なもんやないで」とツッコまれてしまった。

 また、“既婚さん”ゲストとして出演していたクワバタオハラのくわばたりえ(41)も「今年のクリスマスに(プロポーズを)言ってこなかったら、別れたほうがいいかも」とアドバイス。さらに「今後、38、39、40歳になって、向こうが“やっぱり結婚できへん”と言ってきたら、この3年間はむだやん」と正論を言うと、さんまもこれに「そうそう」と同調した。

 しかし、神田は「フランスみたいなかたちもあるかもしれないですよ」と、籍は入れないが同棲している事実婚状態の“フランス婚”という選択もあると、あくまでも日村のペースに合わせる姿勢。さんまは「日村がフランスって、なんなの?」とツッコみ、神田アナが「結婚はいろいろなかたちがありますから」とフォローしても、「ここ、フランスちゃうからな〜」と納得できないようで、他のゲストたちに同意を求めていた。

「2015年4月に熱愛をスクープされた神田アナと日村ですが、その後、進展はないようです。日村は8月放送の『もろもろのハナシ』(フジテレビ系)で、おぎやはぎの矢作兼(46)に結婚について問い詰められると、“結婚したいなと思うよ、そりゃ。いつったって具体的な話はないけど”と、前向きなものの、中途半端な返事をしていました」(芸能誌記者)ーー誰か日村の背中を押してあげて!

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!