ネプチューン堀内健、テレビ朝日・弘中綾香アナへの「大胆セクハラ」で非難殺到!?

 12月14日深夜、バラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)のスピンオフ企画、『ホリケンふれあい旅 にんげんっていいな』が放送。お笑いトリオ、ネプチューンの堀内健(48)が番組中にとんでもない行動を取り、視聴者を騒然とさせたようだ。

 この番組は、堀内が日本全国を旅しながら、出会った人々とふれあっていくという内容。スタジオには総合司会の堀内と一緒に、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(26)がアシスタントとして登場した。

 堀内が訪れたロケのVTRを見ている最中、スタジオゲスト出演者に「このあとホリケンは何をした?」というクイズが出題。ゲストのFUJIWARAの藤本敏史(47)が回答している途中、堀内はどさくさに紛れて弘中アナの肩にキスをした。

 それを目撃したゲストの出川哲朗(53)は、「チューした今!」と指摘。堀内のセクハラ行為に騒然とするゲスト陣に対し、堀内は「羨ましいのか小峠」とバイきんぐの小峠英二(41)に質問する。小峠は「羨ましいとかじゃないです。どさくさに紛れて肩にチューするってどうかと思いますよ」とコメントすると、堀内は「そっか……」と反省した様子を見せていた。

 その後、堀内が「怒ってないよね?」と弘中アナに尋ねると、弘中アナは「怒ってない」と即答。藤本が「弘中ちゃんも、(相手が)ホリケンやからOKみたいなとこも?」と質問すると、弘中アナは「(ゲストの)皆さんだったらイヤなんですけど、ホリケンさんは大丈夫です」と笑顔で答えていた。

 そんな堀内のセクハラ行為に、弘中アナのファンは激怒。ネットには「ホリケンふざけんな!」「楽しく見てたのにホリケンがチューした瞬間真顔になったわ」「ちくしょうホリケンの野郎!」「全然笑いと関係なくやってるだろ」「職権乱用だろ! 羨ましすぎるわ」「俺の弘中アナになんてことを!」と、堀内への批判と羨望のコメントが続出していた。

「ホリケンのセクハラ被害者は、弘中アナだけではありません。ホリケンは2015年放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)でも、久代萌美アナウンサー(28)の胸をつつくしぐさを見せています。ただ、弘中アナもそうでしたが、それほど嫌がるそぶりを見せなかったんですよね。これはやはりホリケンのキャラのおかげなんでしょうか」(芸能誌ライター)――男性からすれば、羨ましいキャラ!?

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:Missデビル~人事の悪魔・椿眞子