TOKIO松岡昌宏、元°C-ute岡井千聖の“恋愛経験ゼロ”を疑問視 「店やってたニオイする」

 12月16日深夜放送の『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)に、元°C-uteの岡井千聖(23)が出演。アイドルの恋愛事情について語り、TOKIOの松岡昌宏(40)、博多華丸・大吉の博多大吉(46)らを驚かせる場面があった。

 すでにほろ酔いの出演者たちが“二軒目”からロケを行うこの番組。この日の二軒目に選ばれたのは、品川駅港南口にある韓国系居酒屋「路地裏」で、一同は激辛牛すじ煮込みや韓国風明太子をツマミに乾杯。松岡が岡井に、最近の恋愛事情について尋ねた。

 今年6月にグループが解散し、それまでの「恋愛禁止」のルールからも解放された岡井だが、岡井をよく知る大吉は「密漁してた分際で“何を?”というね」とツッコミ。それを聞いて松岡も「そんなに食いまくってたの!?」と盛り上がるが、岡井はまったく身に覚えがないようで、過去から現在まで恋愛が「できてない」と告白。「アイドルだったんで」と嘆いた。

 8歳の頃に芸能界に入り、2005年から°C-uteのメンバーとして活躍してきた岡井。そのため、グループが所属するハロー!プロジェクトの恋愛禁止のルールは絶対だったとか。

 松岡がこの話を聞いて「こんなまじめな人、初めて見た」と驚くと、岡井は「ハロプロのメンバーはみんなそうだと思います。みんなしっかりしてるから。恋愛がバレると、どんな体罰がくるか分からない」と説明。松岡は「アイドルの中で、(恋愛禁止のルールを)そんな守った人って西村知美(47)さんしか知らない」と岡井の意外なまじめさに興味を示していた。

 岡井は、アイドル時代は自販機に買い物に行くときや、トイレに行くときでさえ、マネージャーがついてきたと説明。そのために恋愛したくてもできなかったようで、「ももち(嗣永桃子/25)なんかもう本当に。道重さゆみ(28)さんとかね」と二人の名を挙げ、これまでの恋愛経験がゼロだと明かした。

 それを受けて大吉は「ももちさんは分かるけど、岡井さんは意外」とバッサリ。松岡も同意し「なんかガンガンいってた感じするよ」「店やってたニオイするよ、スナック!」とツッコミを入れると、岡井は「ねぇ~! もうやめて!」と嘆いていた。

「岡井はグループ解散後、バラエティで恋愛相談をする企画にたびたび呼ばれています。これまで恋人がいなかったという岡井は、初カレに対してのこだわりが強いようで、12日の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)では“年収2000万円以上”“彼氏にはGPSを持たせる”など、厳しい条件を突きつけていました。来年あたり、条件に合う男性とのスクープが飛び出すかも!?」(芸能誌ライター)――初彼氏がどんな男性か気になるところ!

本日の新着記事を読む