もうあとわずかなのにどうしても手の届かないG1のタイトル。なんとしてもプレゼントしてあげたかった大きな勲章……。最後の最後、香港でつかみ取った、ステイゴールドのように。芦毛馬、スマートレイアーとともに、強い気持ちで挑んだ「香港カップ」です…


本日の新着記事を読む