11月1日、東京と名古屋を結ぶ大動脈、新東名の最高速度が100キロから110キロに引き上げられた。「日本の高速道路の最高速度は100キロで、初めてそれを超えたことになります。現在は新静岡IC~森掛川ICの約50キロの区間だけですが、少なく…


本日の新着記事を読む