坂本冬美「29回目でも、『NHK紅白歌合戦』は毎回ドキドキです」ズバリ本音で美女トーク

 数々の大ヒットを飛ばす超人気演歌歌手、坂本冬美さんが満を持しての登場! 紅白は29回目という大ベテランの坂本さんに、気になる舞台裏を聞いちゃいました。意外な素顔にも注目!

――2016年はデビュー30年目の年でした。いまさらですが、坂本さんが演歌を目指されたきっかけは?

坂本 子どもの頃から祖父の影響で演歌や懐メロを聴いて育っていまして。小学生の低学年のときには、森昌子さんの『せんせい』や『おかあさん』を歌っていたくらいだったんです。で、小学5年生のときに石川さゆりさんの『津軽海峡・冬景色』に出会ってビビッと来て。私も石川さゆりさんみたいな演歌歌手になりたい、と。

■“聖子ちゃんカット”の時代も!?

――渋い! アイドルなどに興味はなく……?

坂本 もちろん、ピンク・レディーやキャンディーズなどの振りマネもしましたし、“聖子ちゃんカット”にもしてましたよ。

――えぇっ!?(笑)。

坂本 笑わないでください。

――失礼いたしました(汗)。それで、87年3月に『あばれ太鼓』でデビュー。

坂本 この『あばれ太鼓』はいわゆる“男唄”で、できることなら、石川さゆりさんのようなしっとりとした“女唄”を歌いたいと思っていたんです。でも当時は、今よりも10キロ近く太っていて、見てくれが“あばれ太鼓”だったんです(笑)。

――そんな感じはまったく想像できませんよ(笑)。でも、希望していた“女唄”である『火の国の女』は、デビュー5年目(91年)にリリースされましたね。

坂本 この歌は実はデビュー3年目にできていたんです。そのときプロデューサー的存在であった作曲家の猪俣公章先生が「女唄はまだ早い」と。1年目2年目3年目は男唄を歌い、4年目でしっとりとした男唄、5年目で満を持して、女唄……というプランを考えてくださっていたんです。

――その一方で、91年に忌野清志郎、細野晴臣らと音楽ユニット「HIS」を結成。ここではセーラー服姿が話題を集めました。

坂本 正直、恥ずかしかったですね。でも、恥ずかしがってちゃ余計、滑稽になるので、もう開き直って学園祭のノリで「歌っちゃえ!」って(笑)。

■『夜桜お七』や『また君に恋してる』が大ヒット

――そうだったんですね。94年には代表曲のひとつ『夜桜お七』がリリースされましたね。

坂本 実はこのとき、これが私のピークで、終わりだなって思ったんですよ。

――どういうことですか?

坂本 だって、そんなに人生で何回もヒット曲に巡り会えるということはないと思うんです。でも『夜桜お七』はいろんな方に聴いていただいたし、それまで演歌好きじゃなかった方が応援していただくきっかけになったんですね。しかも、この曲で『紅白』のトリも取らせていただきましたので。

――とはいえ、2009年には『また君に恋してる』が大ヒット。社会現象にもなりましたよね。

坂本 それはもう予想外でしたね。若い人が携帯の“着うた”にしてくれたり。空港で、自分の声が聞こえると思ったら、誰かの携帯の着信音で(笑)。

――『また君~』もそうですが、演歌以外のジャンルも積極的に歌われていますよね。今年は「ビルボード東京」でシャンソンに初挑戦されたとか。

坂本 「歌は語れ」とよく言われるけど、自分では語ってるつもりでも、歌っちゃってたんですよね。ただ、ここ数年はディレクターに“抑えて歌う”ということを懇々と言われ続けたこともあって、今回のシャンソンでは「語るってこういうことかな」というのが見えてきましたね。

――これほどまでキャリアを積まれてきても、新しい発見があるんですね。

坂本 やっぱりいろんなジャンルを歌わせていただくということはすべて自分の身になり、本来歌っている演歌に生かされるんですね。

■初めての紅白歌合戦で石川さゆりが背中をポン

――今後もますます楽しみです。楽しみといえば、今年も『NHK紅白歌合戦』の季節がやってきましたね!

坂本 今年で29回目。出場時間はたったの2分半なんですが毎回ドキドキです。

――緊張のピークは?

坂本 出場が決まった時点からず~っと。で、曲が決まったら、その曲がず~っと頭の中を巡っていて。本番当日は、自分の1つ前の人が歌っているときは、もう心臓の鼓動がド、ド、ド……って鳴るのが聴こえるくらい(笑)。

――これまでの『紅白』で印象的だったのは?

坂本 やっぱり初めて出場したとき。このとき憧れの石川さゆりさんが背中をポンって押して下さって「行ってらっしゃい」って。もう泣きそうになりました。最後の『蛍の光』では手をつないでいただいて。

――感動的な話ですね。

坂本 それと、02年から1年間体調を崩して休業したんですが、その前に出させてもらったときかな。自分の中では「これが最後」って思いもあったので、一番落ち着いて歌えましたね。あ、それから、韓国の大スター、イ・ビョンホンさんがゲスト出演された2004年。実はビョン様の大ファンで、ビョン様が通る動線の所で待ち伏せして握手していただいて。この年は心ここにあらずで、うまく歌えなかったな(苦笑)。

■「結婚は50歳までにしたい」発言

――まさにファン(笑)! ところで、以前ライブのMCで「結婚は50歳までにしたい」と話されていましたが、現在ちょうど50歳。その後、いかがですか?

坂本 あはははは(笑)。ファンのあいだでも“嫁に行けないキャラ”が定着していて独身ネタをずっと通していたんですが、伍代夏子さんに「もうイタいから、その話はやめなさい」って言われて。以降、結婚ネタは封印したんです(笑)。

――恋愛には演歌の歌詞みたいに情熱的なんですか?

坂本 ホントはそうですね。若い頃は次の日に仕事があっても逢いたいと思ったら逢いに行きましたし。でも今はそのパワーがないですね。やっぱり次の日の仕事のことを考えたら、そのために体力を温存しなきゃ……って。

――ちなみにタイプは!?

坂本 楽な人。若いときは面食いでしたけど、今はね……。仕事で着物着て肩肘張っていると、どこかしら無理しているところがあるんですよ。だから、着物を脱いだときはせめてダラ~っとジャージ姿でいたいので、それでも良いよって言ってくれる人。

――え! ジャージ!?

坂本 休日はジャージでシャンパンを飲んでます(笑)。楽しい人とかも大好きですけど、それが恋愛の対象かといったら、またちょっと違うでしょうし。だから、結論として一人が楽になっちゃうんです(笑)。

■104歳の方もライブに!

――休日まで話していただいて、ありがとうございます! 2018年はどんな年にしたいですか?

坂本 もちろんライブは続けますよ。私ね、来てくださったご年配の方にプレゼントをするんですが、90代以上の方がすごく多いんです。

――皆さん元気ですね~。

坂本 そうですよね。なんと104歳の方もいらっしゃって! そういった方にお会いすると、もっともっと頑張らなきゃって思うんです。

――ライブではかなりのエネルギーを使いそうですね。

坂本 しかも演歌のライブって1日2回公演なので、地方に朝行って、その日の夜に帰ってくるというのが一番体力的にこたえますね。

■話題の体感型マッサージ器で…

――体力維持のために何かされているんですか。

坂本 できることは全部! 特に喉に良いといわれるものは。いろんなサプリを飲んだりね。

――読者にオススメの健康法ってありますか?

坂本 私もね、とにかくあらゆるものを試しているので、正直どれが効いているのか分らないんです。でもね、朝食はしっかりとりますよ。アサイーやビーツや人参が入った野菜ジュースやナッツ類、カカオ……チョコね。納豆は毎日食べるし、プチトマトも……。

――かなり食べるんですね。

坂本 仕事の現場に行ったり、夜遅いとあまり食べないんで、朝はしっかり食べるんです。それと、最近、友達から『ドクターエア』をいただいてね。

――話題の体感型マッサージ機器ですね。

坂本 最初はバカにしてたんだけど、実際やってみたら悪くないんですよ。他力本願みたいだけど(笑)。

――今、一瞬、買おうかなって思いました(笑)。

坂本 それとね、テレビでやっていたけど、自分で腕や手先、ふくらはぎを揉むのが良いんですって。血管が広がるらしいんですよ。簡単にできるから、私も移動のときにモミモミ(実際に腕を揉みながら)してるんです。ぜひ読者の皆様も試してみてはいかがでしょうか(笑)。

 ステージでの気迫からは一変、面白い本音トークが炸裂した坂本さん。紅白がますます楽しみです!

坂本冬美(さかもと・ふゆみ)
1967年3月30日、和歌山県生まれ。O型。1986年、NHK『勝ち抜き歌謡天国』で歌唱指導をしていた作曲家・猪俣公章氏の勧めで上京。1987年3月に『あばれ太鼓』でデビュー。以降、日本を代表する女性演歌歌手の一人として活躍を続ける。最新オリジナルアルバム『ENKA2~哀歌~』がリリース中。2月23日(金)~3月29日(木)、東京・明治座「五木ひろし特別公演」に特別出演が決定。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな