小嶋陽菜は「一番最悪な女です」おぎやはぎの“こじはる評”が話題に

 12月24日放送のトーク番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、元AKB48の小嶋陽菜(29)が出演。おぎやはぎの二人にダメ出しをされたことが、ファンの間で話題になっているようだ。

 この日の放送は、小嶋の他に歌手で女優のシシド・カフカ(32)とモデルの玉城ティナ(20)をゲストに迎え、クリスマスにまつわるトークなどを行った。そんな中、小嶋と仲の良い、おぎやはぎの小木博明(46)と矢作兼(46)がVTR出演し、小嶋のプライベートを暴露した。

 小嶋との関係を聞かれた小木は、「たまにお茶行ったりとか、ウチ来たりしてますよ」と家族ぐるみの交流があることを明かす。矢作が「こじはるは意外とフットワークが軽いからね、面白いんですよ」と褒めると、小木も「簡単に来る子なんですよ」と同調し、人づきあいの良さを称賛した。

 さらに小嶋に対して「直してほしいところ」を質問されると、二人は「ないですけどねぇ」「完璧だからなぁ」と、飲み仲間としては申し分ないと太鼓判。しかし続けて矢作は「つきあったりしたら、嫌なところだらけだと思うんですよ」「わがままそうだし」と発言。小木も賛同し、「つきあったら何もしないだろうし、お金もかかるだろうし……」「(つきあったら)一番最悪な女です!」と一変してダメ出しした。

 そんなおぎやはぎの“こじはる評”は、ファンも同意見のようだ。ネットでは「おぎやはぎの評価、すごい理解できる。そこがこじはるの魅力だよね」「こじはるはわがままそうなところがいいんだよなー」「おぎやはぎの言ってること分かるけど、そういう彼女にひかれてやまない僕たち」「もっとわがままキャラをチラ見させてほしい」と、こじはるの“ダメな部分”を認めつつ、そこに魅力を感じる人からのコメントが目立った。

「小嶋陽菜とおぎやはぎは、競馬番組『うまズキッ!』(フジテレビ系)で共演し、それ以降親交が続いています。小嶋は自身のインスタグラムに、おぎやはぎとの3ショット画像を公開して“おぎやはぎになりたい”というハッシュタグをつけるほど。二人のことが大好きなようなんですね」(芸能誌ライター)――愛のあるダメ出し!?

本日の新着記事を読む

あなたにオススメ!本日放送の番組はコチラ!