トレンディエンジェル斎藤司、プロポーズ秘話告白に明石家さんま不満顔「笑いなし?」

 12月24日放送の『行列のできる法律相談所 緊急生放送2時間スペシャル』(日本テレビ系)に、トレンディエンジェルの斎藤司(38)が登場。12月24日に入籍をした女性について語った。

 今回の放送は、今年活躍した芸能人たちがざんげをして、番組恒例の“ザンゲの滝”で大量の水を浴びて罪を洗い流してもらうというもの。この中で“結婚発表したばかりのアノ人”として斎藤が登場した。

 斎藤は番組のオファーが急だったため、「無理やり来たんだから!」と、クリスマスディナーの予定を断って来たと、不満そうにアピール。しかしMCの明石家さんま(62)に結婚相手について問われると、斎藤はすぐに「一般の、元OLの方と結婚しまして」と照れながら報告した。

 そこで、さんまが「前から言うてた人か。長くつきあっているって」と、以前に斎藤から紹介された女性なのかと確認すると、斎藤は気まずそうに「それと、ちょっとお別れして」と、その相手と別れた後につきあった女性だと明かし、スタジオに驚きの声が上がった。

■シンデレラ城の前でプロポーズ!

 さんまが続けて興味なさそうに「まあ、聞かなしゃーないわ」とプロポーズの言葉を問うと、斎藤は「幸せにしますんで、嘘とかいっぱいついたけど、あなたを幸せにすることだけは本当です。結婚してください」と言ったと真顔で報告。さんまは「笑いなし? 別に(ネタの)頭利用せずに?」と不満顔でツッコんだ。

 すると、斎藤は「シンデレラ城の前でやったもんで、人がめっちゃいたもんで、ちょっと。大々的にはできなかったんですけど」と、ディズニーランドでプロポーズしたことを告白。さんまは「なんで? 奥さんがシンデレラのファンなのか?」「毛根シンデレラ?」とギャグを飛ばすと、斎藤も「そうそう、毛根シンデレラ、ビビディ、バビディ、ペッ!」などと、自虐ギャグを披露してスタジオの笑いを誘っていた。

「斎藤は同日お昼放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、一足早く生報告していて、結婚だけでなく妻の妊娠も発表し、MCの和田アキ子(67)に“もっと頑張んなきゃ”と励まされていました。前につきあっていた彼女とは、なかなか結婚に踏みきれなかったのに、今回は早いなと思ったら、“オメデタ婚”だったんですね」(お笑いライター)――相方のたかし(31)はネットニュースで知ったそうです。

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る