第4位には、1990年7月に発売された『真夏の果実』。6%の人から選ばれた。桑田が監督を務めた映画『稲村ジェーン』(1990年公開)の主題歌で、30~40代の支持が圧倒的に多かった。

 続く第3位には、10%の人が選んだ『いとしのエリー』。1979年3月に発売された同曲は、80年代に一世を風靡したドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)の主題歌で、50代からの支持が多数。“ソウルの神様”と呼ばれたレイ・チャールズが『Ellie My Love』というタイトルでカバーしたほどの名曲だ。

 第2位は、1992年7月に発売された『涙のキッス』。15.5%の人から選ばれた。“冬彦さん現象”というブームを作ったドラマ『ずっとあなたが好きだった』(TBS系)の主題歌で、売り上げは約154万9000枚。サザンのシングルが初めてのミリオンセラーを達成した、記念碑的な作品だ。

 そして、見事第1位に輝いたのは2000年1月に発売された『TSUNAMI』。27.5%の人がこの曲を選び、20~30代の支持が高かった。切ない歌詞が特徴で、当時の人気バラエティ番組『ウンナンのホントコ!』(TBS系)内の恋愛企画「未来日記」のテーマソングでもあった。サザン史上最大の約293万6000枚を売り上げ、日本レコード大賞も受賞した、まさにサザンの代表曲である。

 ランキングを振り返ると、1978年にデビューしているにもかかわらず、1990年代以降の曲が半数もランクインしている。その息の長さや楽曲の素晴らしさから、まさに日本の歴史に残るバンドといっていいだろう。

アンケートサイト「ボイスノート」調べ
http://www.voicenote.jp/

本日の新着記事を読む

  1. 1
  2. 2