ロッテ「モナ王」史上初フレーバー・プリン味発売! さっそく食べてみた!!

 こんにちは! フードアナリスト・たべもの記念日研究家の吉原潤一です。昨年、年の瀬に発売がリリースされ、1月8日に発売されたロッテアイス「モナ王 プリン」。モナ王史上初の「プリン」フレーバーとあって、世間(ネット界隈)は大変にぎわっておりました。

■竹内涼真がイメージキャラクター!

 モナ王といえば、モナカアイスの大定番。多くのコンビニに置いてありますよね。昨夏より竹内涼真がイメージキャラクターを務め、爽やかなおいしさのモナ王らしさを演出しています。

 いざ入手し、実食! 黄色のパキッと鮮やかなデザインは、売場でひときわ目立っていました。パッケージの横には「冬春季限定」と、さりげなく期間限定アピールをしてあるのを発見!(笑)

 モナカの皮は通常通りの色です。ここで定番お作法“まっぷたつ割り”をしてみましょう。すると、中は淡い黄色のアイスが! ただし、残念ながらカラメルソースは入っていないです。味を知らないでのぞき込むと、カスタード味か何かのように見えます。

 しかしながら、ここで逆転劇。いざパクついてみると、あのプリンの茶色いところ――カラメルソースの味がしてくるのです。

 外見こそ淡白で“インスタ萎え”。けれど、味はプリンのカスタード部分とカラメルソース部分を同時に味わえて、思わず驚かせられます。プリン好きを満足させ、甘党ならば、みんなが絶賛する王道の味だと思います。

 ロッテアイス「モナ王 プリン」は、期間限定で現在、全国のスーパーマーケットやコンビニで発売中です。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな