爆笑問題・太田光、野村克也氏が沙知代さん死去後に見せた“気概”を明かす

 1月9日深夜放送のラジオ番組『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、爆笑問題の太田光(52)と田中裕二(53)が、妻の野村沙知代さんを亡くしたばかりの元プロ野球監督の野村克也氏(82)が、前日放送された野球番組に出演したときのエピソードを語った。

 田中が「昨日、プロ野球総選挙、オンエアがありまして」と、『ファン1万人がガチで投票! プロ野球総選挙』(テレビ朝日系)について語り始め、「去年の暮れに収録して。ノムさんがサッチー亡くなって、まだそんなに時間たってなくて、2週間ぐらいだったかな」と、沙知代さんが亡くなって間もなくの収録だったと明かした。

 すると太田は、野村の番組出演について「野村監督に、“VTRでどうですか?”って番組側から言ったら、“ぜひスタジオに行きたい”って」と、番組側がVTRでの出演を打診したところ、野村は自らスタジオ出演を要望したと説明。収録中の野村の様子を、野球人に囲まれて一番楽しそうだったと振り返り、太田は「本当、鋭いこと言うしさ」と語り、田中も「面白いし。オチつけるしね。ちゃんとね、話に」と、野村のユーモアあふれるトーク術を称賛した。

『プロ野球総選挙』に出演した野村は、2017年12月8日に亡くなった沙知代さんについて「まだショックから立ち直ってません」と語り、MCの太田が「そんな中、よく」とスタジオ出演を感謝すると、「サッチーのおかげですから。今まで生きてこられたのは」と力ない声で語っていた。

「18年1月4日には、元プロ野球監督の星野仙一氏が亡くなるなど、野村氏にはショックなことが続いた年末年始かもしれませんね。爆笑問題の言うように、野球人の中では抜群のタレント力を持っているので、まだまだ元気に鋭い発言を聞かせてもらいたいものです」(芸能誌記者)――これからも元気にぼやいてください!

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る