広瀬すず、『anone』共演者を好きになっていた!?

 1月10日からスタートした水曜ドラマ『anone』(日本テレビ系)で、ネットカフェで暮らす主人公の少女を演じる女優の広瀬すず(19)。同日出演した同局の情報番組『スッキリ』で、共演の阿部サダヲ(47)から「共演者を好きになった」と暴露され、MCの加藤浩次(48)らを驚かせる場面があった。

 この日、ドラマのPRのために、スタジオに出演した広瀬と阿部。ドラマのタイトルにちなんで、出演者が明かしておきたい「あのね」エピソードを語る場面で、阿部は「共演した、ある子と、親密になったというか、すごい好きになっちゃったみたいで」と広瀬が共演者とラブラブになってしまったと暴露。

 スタジオが盛り上がる中、広瀬はすぐに「猫です、猫です」とネタばらし。広瀬は、今回のドラマで猫との共演シーンがあり、その猫を好きになったために、家に連れ帰ってペットとして飼うようになったと説明した。

 これを聞いて、加藤が「えっ!? 実際に飼ったの?」と驚愕すると、スタジオからも驚きの声が響いた。番組では実際に子猫と広瀬が戯れる姿が撮影されたVTRが流れ、広瀬は「現場でぜひ(名前を)つけましょうってなって『anone』からとって“アノちゃん”にしました」と告白した。

「昨年12月に、自身のインスタで“家族になった”と子猫との写真をアップした広瀬。姉の広瀬アリス(23)も驚いたようで、“帰ってきたら知らないグレーのちっちゃいのがテクテクしててビビった”とツイートしています。今回のドラマは虐待や貧困がテーマで、広瀬の役も重め。髪をバッサリ切るなど意欲作ですが、猫との生活が癒やしになっているようですね」(芸能誌ライター)――実際に飼ってしまうとは驚き。アノちゃんもさぞかし幸せだろう!

本日の新着記事を読む