亀梨和也「旅行先でのヒミツ」告白に、嵐メンバーから総ツッコミ!?

 1月11日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、KAT-TUNの亀梨和也(31)がゲスト出演。旅先での秘密を明かし、嵐メンバーにツッコミを入れられる場面があった。

 今回、亀梨は新ドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)のPRのため、栗山千明(33)、橋本環奈(18)らとともに出演。このドラマは、ある事件でメディアに母親を犯人扱いされた青年が、12年後に関係者に復讐をするという物語。亀梨は復讐心を隠しながら、警察官として事件の真相を探る主人公を演じている。

 番組中、ゲストの亀梨に司会のアナウンサーが、ドラマの内容にちなんで「誰にも言っていない自分の秘密をお聞きしたいんですが?」と質問。亀梨は、プライベート旅行中にタクシーに乗ったときに、「お兄さん、どこから?」「仕事は何してるの?」という会話に身分を偽って答えると告白した。

 亀梨は「ウソをつくわけではなくて」と言いながらも、「あ、車関係の仕事してて」「お客様と面談みたいなのがありまして」と自分の中で架空の人物を作り出し、タクシーを降りるまでその人物になりきって運転手との話を続けると説明した。

 この話に嵐メンバーも興味津々。大野智(37)が「自分で演じて、どんどん困らない? だってウソだもん」と質問すると、亀梨は「そんなスラスラはいかないんですけど」と返答。相葉雅紀(35)からは「絶対運転手さん、気づいてると思う」とツッコミを入れられていた。

「二宮和也(34)も『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、タクシー内でマジックの練習をしていたところ、運転手からマジシャンに間違われ、そのままベテランマジシャンのふりをしたという話をしていました。藤木直人(45)からもツッコミを受けてましたが、人気者のジャニーズタレントにとっては、毎日のタクシー移動も大変なのでしょうね」(アイドル誌ライター)

 亀梨和也は、ドラマ『FINAL CUT』の中で、栗山と橋本が演じる2人の女性に、それぞれ別人を装って接近している。作中での演技は、ふだんの練習のたまもの!?

本日の新着記事を読む