屋外での授乳、どこまでOK!? 回数や間隔など、ママの基礎知識を解説の画像
屋外での授乳、どこまでOK!? 回数や間隔など、ママの基礎知識を解説の画像

 授乳期の赤ちゃんを育てるママを悩ませるのが、外出時の授乳。赤ちゃんが泣いたとき電車やレストランなど人目につく場所での授乳はアリなのか。おすすめのファッションや、便利グッズ、注意事項など、外出時の授乳対策についても解説する。

■授乳がマナー違反になる場所での対策

●電車、バスなどの公共交通機関

 授乳をしてもよいか、控えるべきかをめぐってたびたび賛否が分かれるのが、公共交通機関。マナー違反だと考えて不快に捉える人もいれば、赤ちゃんのコントロールできない欲求に応えるのに問題はないと考える人もいる。「電車内で子どもが大泣きしてしまい、正直抵抗があったけどやむを得なくて、ケープを使って授乳した」(30歳/女性/会社員)という体験を持つ母親は多い。

□対策

 なるべく乗車前に授乳を済ませておくようにする。もし乗車中に赤ちゃんが泣いて授乳を余儀なくされたときはケープやストールを使用する。混雑時は控える。周囲への気配りを忘れずに。

●レストラン、カフェ、居酒屋などの飲食店

 交通機関ほどではないが、「デパートやショッピングモールには授乳室があるのに、なぜお店でやるのか意味が分からない」(21歳/女性/大学生)と疑問に思う人もいるのが飲食店。とはいえ、「食事をオーダーした後になってお昼寝していた0歳の娘が泣きはじめ、食べながらおっぱいをあげるしかなかった」(28歳/女性/専業主婦)というにっちもさっちもいかない状況も想定され、「飲食店で授乳するのがダメだったら、赤ちゃん連れの母親は外食できなくなるのでは」(32歳/男性/会社員)という疑問もある。

□対策

 公共交通機関同様、授乳をするときはケープなどを使用する。可能ならば個室などなるべく他のお客さんの目につかない席を選ぶ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4