今週の重賞は「AJCC」と「東海S」が行われます。東海Sは、テイエムジンソクが断然人気になりそうなものの、穴で面白い馬も見つからないので、今回はAJCCの予想一本でいきたいと思います。

 注目は、3年前のグランプリ馬・ゴールドアクターでしょう。能力も中山コースとの相性もメンバー中、最上位ではありますが、不安は宝塚記念以来だということ。1週前の調教タイムや動きからすると、まだ仕上がり途上な感が否めません。高齢馬の活躍が目立つ同レースですが、人気と状態が比例しない以上、ここは嫌うのがベター。

■ステイゴールド産駒ショウナンバッハ本命

 そこで本命はショウナンバッハに打ちます。この馬にはいくつもの買い材料が揃っています。まずは臨戦過程。近走を振り返ると、掲示板には載っているものの、最後は後ろから突っ込んできています。前走の中日新聞杯にしても、4着ながら上がり3Fはメンバー中2位。脚を余した馬が200メートルの延長となれば、ここは間違いなく買い。

 続いては騎手。柴田善臣騎手(4走前、3走前)→木幡初也騎手(2走前、前走)ときて戸崎騎手に乗り替わり。勝負気配がプンプンします。どうしても展開に左右されてしまう脚質ですが、ノリにノッている戸崎騎手なら、絶妙なタイミングで仕掛けどころは間違えないはず。

 そして状態面。1週前の調教は、4F50.7の自己ベストタイム。そして最終も13.9-12.7-12.5-12.2というきれいな加速ラップを踏んでいます。7歳馬ですが、デキは過去最高かもしれません。

 最後に血統。ステイゴールド産駒だけに、今のタフな中山コースにピッタリ合うはず。ちなみに、お母さんはシュガーハート。あのキタサンブラックの半兄になります。弟が引退した今年は、お兄さんに飛躍してほしい! そんな期待を込めて本命にします。

■4歳馬にも注目!

 ○と▲は4歳馬から。○はダンビュライト。クラシック皆勤賞で、しかも皐月賞3着→ダービー6着、菊花賞5着と善戦しました。“勝ちきれないキャラ”で取りこぼしてしまいそうなところを、初めての古馬混合戦となった前走をきっちりと勝ちきるあたりに、能力の高さを感じました。殻を破ったら中山実績も申し分ないですし、ルーラーシップ産駒は先行抜け出しが大得意。今回は、ゴールドアクターという目標がいる分、展開も向くでしょう。

 ▲はミッキースワロー。不良馬場で行われた菊花賞以来となりますが、ポテンシャルの高さは申し分なし。そういえば、僕は菊花賞を新宿のWINSで観戦したんですが、その時の本命がクリンチャーだったんです。最後の直線、僕は鞍上の藤岡騎手の名前を叫んでいると、横にいた人が、「強い馬が強いんだ! ミッキーが強い!」と叫んでいて、テレビの前では「藤岡!」「強い馬が強い!」という叫び声が交差していました。結果は、クリンチャーが2着でミッキースワローが6着。僕の勝ちと言いたいところですが、馬券は外したので何も言えません。ただ、その人の言うように、ミッキーは強い馬です。馬場が良ければ突っ込んで来ていたでしょう。休み明け、タフな馬場への適性に少々不安もあるので、ここは▲までにしました。

 ★はトーセンビクトリー。前走の有馬記念は14着と大惨敗に見えますが、直線で大きな不利がありました。あれさえなければ勝っていた……とまでは言いませんが、掲示板付近には載れていたかもしれません。今回のメンバーで、有馬記念で掲示板に載ることができる馬が何頭いるでしょうか。実力はあるのに、そこまで人気にならなければ、妙味十分!

 馬券はゴールドアクターが飛ぶことを期待。◎-○、▲の馬連、ワイド。そして、★→○、▲のワイドも抑えで買っておきたいと思います。

■メルマガも好評配信中!

 メルマガ「『週刊大衆』競馬記者・セキネが関係者を極秘取材 これが稼げる必勝馬券!!」が好評配信中! 毎週、開催日に勝負レースを厳選して送ります! 関係者からの極秘情報、そして時には週刊誌の裏側まで……!?

●京成杯、日経新春杯◎が勝利!

京成杯◎ジェネラーレウーノ1着!
日経新春杯◎パフォーマプロミス1着、▲ガンコ3着!
平場の勝負レースも配信中!!

◆詳細は、http://foomii.com/00117

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-