痩せたい人は必読!女性100人に「試して効果があったダイエット法」を聞いてみた!

 寒い季節はおいしいものが多く、年末年始に食べ過ぎてしまった人も多いことでしょう。しかも、運動不足になりがちです。そうすると、気になってくるのが体型の変化。間食を控えたり、夕食を減らしてみたりと、薄着になる季節に向けて、今からダイエットを始めたいという人もいることでしょう。そこで今回、20~30代の女性100人を対象に「試して効果のあったダイエット」について聞いてみました。どうせやるなら確実に痩せたい! そんなダイエット女子必見です。

 第7位は“18時以降は食べない”というシンプルな方法。歌手の西野カナやモデルの藤田ニコルも、これを実践して体型を保っているそうです。

 続く第5位は“半身浴”。38~40度のぬるめのお湯に、みぞおちまでつかるという方法です。20分以上続けるのがベターとのことで、お風呂好き女子にはもってこいですね。同率第5位の“ジュースクレンズ”も流行のダイエット。2~3年前ぐらいからはやり始め、セレブの間で定着しつつあります。3日間、固形物をとらずにジュースだけ飲むというのがルールです。むくみの解消や美肌、アンチエイジングなどに良いということですが、空腹に勝てず、挫折する人もいるようです。

 第4位は“白湯(さゆ)を飲む”。こちらも一時ブームになったダイエットです。白湯を飲むと、腸の調子が整い、便秘や頭痛、冷えの緩和にも良いといわれています。ダイエットの場合は、空腹時や、ちょっと甘い物が食べたくなったときなどに白湯を飲んでしのぐのも効果的だそうです。

 第3位は“プチ断食”。週末だけ食事を抜く、月に1日だけ食べない日をつくるなど、方法は人それぞれ。“プチ”だけあって、完全に断食するのではなく、生姜紅茶、おかゆはOKなど、皆さんユルめに頑張っている模様です。プチ断食で美肌や便秘が解消されたという声も!?

 第2位は“ひたすら運動”をして効果を出した人も多数いました。別のダイエットと並行して行っている人も少なくないようです。スポーツジムやヨガ、スイミングの他、「Wii fitのジョギングを、ステッパーを踏みながらやっていた」(39歳/主婦)という人も。1セット約15分のところを、何セットもこなし、同時に食事制限もして効果をあげたそうです。

 第1位は“炭水化物抜きダイエット”。すべての年代において圧倒的に多かったのがこちらです。ごはんはもちろん、パンやパスタ、うどんなど、主食となる炭水化物を食べないのがこのダイエットのやり方です。夜の炭水化物だけを抜く、3食すべての炭水化物をやめるなど、体調にあわせて調節したという人も。また「主食をおからにする。野菜スープを食べる」(38歳/会社員)などの置き換え派もいました。ツワモノは寿司のシャリや餃子の皮まで残すのだとか。挑戦して最も効果が感じられるダイエットのようです。

 また、少数派の意見では「国立病院ダイエット」という回答もありました。これは肥満や糖尿病患者の治療のために病院で行われる食事療法を取り入れたもので、一日の必要最低限のカロリーと、良質のタンパク質、カルシウム、ビタミンCを食べ物から摂取するという方法です。自宅で行うのには、自己管理力と忍耐力が必要ですが、効果がありそうです。

 女性が美にかける情熱は尽きないもの。しかし、無理は禁物です。体調に注意しながら、自分に合ったダイエットを見つけ、憧れのファッションにチャレンジしましょう!

アンケートサイト「ボイスノート」調べ
http://www.voicenote.jp/

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな