『りぼん』『なかよし』『ちゃお』…一番好きだった「少女漫画誌」を聞いてみた!

 女性なら、青春時代に夢中になって読んでいた少女漫画誌があるだろう。『りぼん』(集英社)、『なかよし』(講談社)、『ちゃお』(小学館)は“三大少女漫画誌”ともいわれ、人気を分け合ってきたライバル誌。友達の間で「私はりぼん派」といった会話をした経験がある人も多いのではないだろうか。そこで今回は三大少女漫画誌の中で“何派”だったのかを、10~50代までの女性100人にリサーチしてみた。

 第3位(14%)に支持されたのは『ちゃお』。支持していたのは10代、20代が大半だった。三大少女漫画誌の中では最も後発で、1977年に創刊。部数は長らく低迷していたが、アニメ化を重視することでヒット作を次々に生み出した。『愛天使伝説ウェディングピーチ』(原作:富田祐弘、作画:谷沢直)、『水色時代』(作者:やぶうち優)などは、雑誌を読んでいない人でもタイトルは耳にしたことがあるのではないだろうか。さらに2000年代に入ると『ミルモでポン!』(作者:篠塚ひろむ)、『きらりん☆レボリューション』(作者:中原杏)が爆発的にヒットし、不動の地位を築くようになった。

 そんな『ちゃお』を支持した人からは、「『きらりん☆レボリューション』が好き。アイドルの世界やアニメで歌われていた歌が良かった」(26歳女性)、「『ミルモでポン!』が大好き」(23歳女性)など、やはりアニメ化もされた作品が圧倒的に人気。また、「付録が魅力的だった」(25歳女性)と、豪華な付録を理由に挙げる人もいた。

  1. 1
  2. 2