「喜寿祝い」の金額相場から定番プレゼント&メッセージまで徹底調査

 日本には年祝(としいわい)や賀寿(がじゅ)、算賀(さんが)、賀の祝いと呼ばれ、長生きを祝う風習がある。特に還暦(かんれき)の61歳、古希(こき)の70歳、喜寿の77歳、米寿(べいじゅ)の88歳、白寿(はくじゅ)の99歳は、人生の大切な節目として盛大な長寿祝いが鎌倉時代から行われてきた。今回は、その中でも「喜」「寿」という何ともめでたい2つの漢字で構成される「喜寿」について、徹底調査してみた。

●喜寿とは

 喜寿(きじゅ)とは、数え年77(満76)歳になったことを祝う儀礼である。名前の由来は「喜」の草書体が七十七と読めることにあり、喜の祝い、喜の字の祝いなどとも呼ばれる。また、江戸時代の国学者である大国隆正が「ななそぢ(七十路)に七つあまれる喜びは あらたなる御世にあへるなりけり」という和歌を残している。77歳まで長生きする喜びは、新しい天皇の治世が見られることにあるという意味である。

●いつ、どうやって祝うのか?

 喜寿の祝い方に決まりはないが、家族や親戚など身内が集まって食事会などを開催するのが一般的だ。昔は数え年77歳の正月にお祝いするのが普通だったが、最近では満年齢の誕生日や長期休暇中といった全員が集まりやすい時期に行うことが増えてきている。

■2018年に「喜寿」を迎える芸能人

 2018年にめでたく喜寿を迎える有名人には下記のような人達がいる。最近の77歳はビックリするほど若々しい。

  • ・石坂浩二:タレント
  • ・小林克也:ラジオDJ
  • ・小林稔侍:俳優
  • ・坂田利夫:お笑い芸人
  • ・徳光和夫:アナウンサー
  • ・仲本工事:お笑い芸人
  • ・倍賞千恵子:女優
  • ・萩本欽一:お笑い芸人
  • ・橋爪功:俳優
  • ・藤竜也:俳優
  • ・三田佳子:女優

■関係性によって変わる!?「喜寿祝い」の金額相場

 喜寿祝いに贈るプレゼントの予算金額の相場は、特に決まっているわけではない。一番大切なのは心から長寿をお祝いする気持ちであり、金額ではないことは覚えておいてほしい。また地域や関係性によっても異なってくるため、迷ったときは親戚や詳しい人に相談してみよう。

*両親:1〜5万円

*祖父母:1〜3万円

*親戚:5千〜2万円

*上司や恩師など:5千〜1万円

■これが常識!? 「喜寿祝い」の定番色&プレゼント

●定番カラー

 喜寿祝いの定番カラーは無病息災を願う紫(むらさき)である。かつて高貴な人だけが使うことを許された紫は、気品と風格を兼ね備えた貴重な色として尊ばれてきた。そのため、長寿への敬意を示すために紫色を使ったお祝いの品が贈られるようになったと言われている。

●定番プレゼント

 喜寿祝いの贈り物としては紫色のちゃんちゃんこや頭巾、座布団などが定番だったが、最近では本人が喜ぶものをプレゼントする人が増えてきている。趣味に使える実用品やお酒といった嗜好品をはじめ、記念になるような小物やアクセサリー、花などのギフトはもちろん、楽しい時間を共有する食事パーティーや旅行なども人気がある。

●ワンポイント:現金を贈るときの祝儀袋

 現金にする時は祝儀袋に入れて渡すのが通例だ。お祝い事ではのしと水引がついた祝儀袋を使おう。

*水引:紅白か金銀の蝶結び

*表書き:「祝喜寿」「喜寿御祝い」「寿福」「長寿御祝」など

■そのまま使える!「喜寿祝い」に添えたいメッセージ文例

 喜寿を祝う手紙やメッセージの内容に、これといった決まりごとはない。しかし、文面にはお祝いの言葉、感謝の気持ち、未来への希望などを入れるといいだろう。そのまま使える例文を、3パターンに分けて提案するので参考にしてほしい。

●カジュアル系

 孫からおじいちゃんやおばあちゃんに向けて、子どもからお父さんやお母さんに向けてなど、普段から親しい人に宛てて書くときにふさわしい文例。形式にとらわれることなく、真心を込めて自由に書こう。

○○へ

  • 喜寿おめでとう。
  • 長い間、家族を支えてくれてありがとう。
  • まだまだ元気に長生きしてね!

○○より

●ノーマル系

 義父母や親戚、知人などに向いている一般的な文例だ。親しい人でもきちんとしたいときや、仕事関係の人でもプライベート感を出したいときに使ってもよいだろう。

○○さん

  • 喜寿のお祝い、おめでとうございます。
  • いつまでも変わらず、お元気に過ごされること、
  • さらに米寿へと喜びを重ねられることを心から祈っています。
  • 今後ともよろしくお願いします。

○○より

●フォーマル系

 仕事関係の人や恩師などに送るときは、常識的なマナーを守った正式な書き方をしよう。失礼がないよう、日頃の感謝と敬意もしっかり伝えたい。

  • 謹啓
  • (時候のあいさつ)
  • 謹んで喜寿のお祝いを申し上げます。
  • 平素からのご指導ご厚情に感謝と敬意を込めて
  • 心ばかりのお祝いの品を贈らせていただきました。
  • ご笑納いただければ幸甚に存じます。
  • 喜寿の銘にならい、喜びを寿ぐ一年になりますことを
  • 心よりお祈りしております。
  • (結びのあいさつ)
  • 謹白
  • ○○年○○月○○日
  • ○○○○
  • ○○○○様

■まとめ

 現代の日本に生きる77歳は、男性も女性もアクティブで元気な人が多い。むやみな老人扱いは避けたいが、これまでの感謝の気持ちを示し、これからの健康な毎日を願う絶好の機会であることは間違いない。ぜひ家族みんなでお祝いしよう。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな