「傘寿」のお祝い品でNGなモノとは!? 常識とマナーを解説

 80歳を迎えたことをお祝いする「傘寿(さんじゅ)。60歳の還暦(かんれき)は、赤いちゃんちゃんこでお祝いするということでよく知られていますが、傘寿のお祝いについてはあまりポピュラーではないかもしれません。今回は、傘寿の意味や由来、傘寿を迎えた方に喜ばれるプレゼントについて、解説します。

■「傘寿」とは?

 80歳のお祝いを「傘寿(さんじゅ)」と呼びます。「傘」という字が使われているのは、「傘」という字の略字は、「八」と「十」が重なったような形をしており、縦書きの「八十」にも見えること、傘は末広がりで縁起が良いことが由来とされています。また傘寿は、「八十寿(やそじゅ)」という呼ばれ方をすることもあります。傘寿のお祝いは、満年齢で行うか、数え年(満79歳)で行うか、特にルールはありません。

 現代では年齢を満年齢で数えるのが一般的であり、数え年の概念になじみがないため、子どもたちから「“え、おじいちゃんって次の誕生日で79歳になるのに、なんで80歳のお祝いするの~?”と不思議がられた」という話もあります。もし当人が数え年80歳を迎える年に傘寿祝いを行うのであれば、よい機会ですので、数え年と満年齢の違いを子どもや孫に教えてみてもよいでしょう。

 満年齢80歳で傘寿祝いを行うときは、80歳の誕生日パーティーと兼ねて行われるケースも少なくないようです。また、最近は誕生日の当日にこだわらず、家族や親戚が集まりやすい日を選ぶ傾向があります。

 ちなみに、77歳は「喜寿(きじゅ)」、88歳は「米寿(べいじゅ)」、90歳は「卒寿(そつじゅ)」、99歳は「白寿(はくじゅ)」、100歳は「百寿(ひゃくじゅ)」といいます。

■傘寿のお祝いとおすすめのプレゼントは?

 では傘寿祝いでは、どのようなお祝いやプレゼントが望ましいのでしょうか。

 たとえばプレゼント。最近の80代の方々は、男女ともにおしゃれに敏感な方も少なくなく、また上質な小物類をきちんと保管して長く愛用している方もいますので、プレゼントを贈る側はどんなものが喜ばれるか、ついつい頭を悩ませてしまいます。

 それでも、せっかくお祝いの会を開いたりプレゼントを贈るのなら、やっぱりご本人の喜ぶ顔が見たいところです。ここでは参考までに、近年、傘寿のお祝いで好評のものをいくつかご紹介します。

●お食事会は、ご本人にとって快適な空間を

 傘寿祝いで家族や親戚が集まってお食事会を開くときは、なるべくご本人の好みに合ったお店やお料理を選ぶとよいのですが、ご本人の健康状況や身体状況を踏まえたうえで吟味することをおすすめします。

 たとえば、ご本人が投薬治療中で控えなければならない食品はないか、ご本人が腰や足を傷めている場合バリアフリー設備はどうなっているか、トイレは使いやすくなっているか、など、予約前にお店の人に尋ねたり、Web上で確認するとよいでしょう。せっかくのお祝いですので、ご本人が気兼ねなく楽しめる環境が整っているかどうかは、確認しておきたいものです。

●「黄色」にはこだわらず、ご本人の喜ぶものを

 60歳の還暦祝いで赤色のちゃんちゃんこや赤色のものを贈るというしきたりがあるように、傘寿祝いでは「黄色」のちゃんちゃんこや座布団を贈るというしきたりがあります。いわゆる、テーマカラーといったところです。

 とはいえ、近年はこのテーマカラーにこだわるのではなく、それよりもご本人のニーズに合ったものを選ぶ向きが強くなってきています。具体的には、末広がりで縁起よしとされる傘や扇子、日常生活で使える食器や湯呑や眼鏡ケース、そのほかファッション小物も人気です。名前を入れてもらうのも記念になるのでおすすめです。

●お花は“縁起”に要注意

 お花を贈るときは、とにかく縁起の悪いものは避けるようにしましょう。年配の方ですと、縁起を気にされる方、植物が好きで詳しい方も少なくありませんので、気を配りたいところです。傘寿のお祝いとして不適切なのは、以下のお花としてが挙げられます。不安なときは、お店の人に相談しながら花を選ぶとよいでしょう。

□紫色、青色、白色の花

葬儀など不祝義に使われる花であるため

□菊

仏花であり、不祝儀時に使われる花であるため

□百合、椿

下向きに咲く花は、死をイメージさせるため

 また、鉢植えや水替えの必要がなく生花より長持ちする「プリサーブドフラワー」も好評です。

●名前ポエムや似顔絵

 ご本人の名前にちなんだポエムを書いてもらう「名前ポエム」はここ数年ニーズが高まっています。似顔絵を入れてもらったり、自分の感謝の言葉を入れてもらったりすることもできますし、何より「たったひとつだけ」の記念品になります。

●その場が盛り上がる、お誕生日新聞

 コンビニでも簡単に購入できる「お誕生日新聞」。その日の一面とテレビ欄が両面にプリントされています。お食事会のとき、ご本人が生まれた日にはどんなことが起こっていたのかを話し大いに盛り上がったケースもあるそうです。価格もリーズナブルなので、プラスアルファにおすすめです。

●現金を贈るとき

 現金を贈るときの金額相場は、ご本人との関係性で変動します。

□両親へ贈るとき……1~5万円、兄弟姉妹で折半するのもOK

□祖父母へ贈るとき……1~3万円

□その他親戚へ……5000円~1万円

 祝儀袋の表書きには、「祝傘寿」「傘寿御祝い」「寿福」のいずれかを書き、のしをつけ、水引は紅白か金銀の蝶結びを選びます。

●傘寿のお祝いにNGな商品

 ここまで傘寿のお祝いでの注意点やプレゼントに避けるべきものについて書きましたが、そのほかにもいくつかあります。

□くし

年配の女性の方の中には素敵なデザインのくしがお好きな方もいますが、「く(苦)」「し(死)」という響きがあるので、お祝いごとではふさわしくありません。

□靴、靴下

“人を踏む”という意味があり、目上の人へのプレゼントには不向き。

□ベルト

腰に巻くベルトには“気を抜くな”という意味があり、やはり目上の人へのプレゼントには不向き。

□時計

“勤勉”という意味があるため、やはり目上の人へのプレゼントには不向き。

□お茶

葬儀にて、香典返しとしてよく使われる品物であるため。

□老眼鏡

“老い”を連想させるため、傘寿のお祝いには不向き。

■まとめ

 80歳の節目をお祝いする「傘寿」。いざお祝いを行うとなると、あれこれと悩んだり迷ったりもするものですが、ご本人に喜んでいただけるよう、時間をかけて冷静に考えて選んでいきましょう。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな