こどもの日に「菖蒲湯」を入れる理由とは!?

 5月5日は「こどもの日」。男の子のいる家庭では、五月人形や兜を飾ったり、柏餅を食べたりして、お祝いするイメージがありますね。最近は滅多に見かけませんが、ひと昔前は、屋根にこいのぼりを立てる風習もありました。「こどもの日」の由来と歴史、最近のお祝い事情について説明します。

■「こどもの日」とは?

 5月5日「こどもの日」は、1948年(昭和23年)に制定された「国民の祝日に関する法律」によって定められた、「国民の祝日」です。「国民の祝日に関する法律」には以下のような記述があります。

『こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。』

 3月3日の「ひな祭り」が“桃の節句”“女の子のお祭り”と呼ばれているのに対して、5月5日の「こどもの日」は“端午の節句”“男の子のお祭り”と呼ばれているイメージがありますが、少なくとも「国民の祝日」の定義の中では、男の子・女の子にこだわらず“こども”全般の幸福を願う日であるとされているのです。とはいえ現在も、男の子が生まれると5月5日に「端午の節句(たんごのせっく)」としてお祝いをする伝統文化が残っています。次は、「端午の節句」について見ていきましょう。

■「端午の節句」とは?

「端午」とは、元々は、古代中国ではじまった厄払いを目的とした風習でした。元来は、5月に限らず“月の最初の午(うま)の日”を「端午」と呼んでいましたが、5月が「牛の月」にあたること、「午(ご)」が「五」に通じること、奇数が重なりおめでたい「重五(ちょうご)日」にもあたることなどから、「5月5日=端午」という概念が浸透していったといいます。

 日本に伝わってきたのは平安時代のことです。当時の日本では、田植え月である5月に日本古来の風習の「五月忌み(さつきいみ)」をおこなっていました。「五月忌み」とは、田植えをする若い女性である「早乙女(さおとめ)」が田植え前に一定期間神社などにこもって身を清めることです。

 これらふたつの習慣が結びついたことによって、日本でも「端午の節句」が生まれ、早乙女は田植え前夜になると小屋にこもって菖蒲酒を飲んで身のけがれをはらうようになりました。日本の「端午の節句」は、元々は、男の子ではなく若い女性である早乙女の儀式だったのです。

 その後世の中は、貴族の時代から武士の時代へと移っていくわけですが、その流れで、「端午の節句」も男の子の健康と成長、立身出世を願う行事に変わっていき、鎧兜などの五月人形を飾るようになりました。江戸時代には幕府が「五節句」のひとつとして「端午の節句」を定め、庶民にも季節の行事として定着していきました。

■こどもの日のお祝いと、その意味

 1948年に制定された「国民の祝日に関する法律」により、5月5日は「こどもの日」という名前の祝日とされ、男女関係なく“こども”の成長や幸福を願う日になりましたが、現代もまだ「端午の節句」として男の子のお祭りをする風習は残っていて、特に男の子が生まれて最初に迎える「端午の節句」は初節句ということもあり、家族みんなでのお祝いや記念写真の撮影が盛んに行われています。

●柏餅

 あんの入ったお餅を柏の葉で包んだ「柏餅(かしわもち)」は、江戸時代の日本で生まれ、現在もこどもの日の定番のお菓子として愛されています。柏は新芽が出ない限り古い葉が落ちないことから「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」を願うという意味が込められています。

●粽

 柏餅が日本独自の文化なのに対して、お餅を笹などで巻いて蒸した「粽(ちまき)」は中国から伝わりました。その昔中国に、詩人であり王室の側近も務める屈原(くつげん)という人がいて、とても正義感が強く人々から慕われていましたが、陰謀にはまり、国を追われ、5月5日に入水自殺をしてしまいました。悲しんだ国民は屈原が死んだ川に、魚の餌とならないよう笹の葉に包んだもち米を投げ入れるようになったそうです。これが「粽」の由来とされています。

●五月人形

 男の子が生まれたときに祖父母などから贈られることの多い「五月人形(さつきにんぎょう)」。あまり知られていませんが、五月人形には、こいのぼりのことをいう「外飾り」と、兜飾りや鎧飾りのことをいう「内飾り」があります。託す願いも異なっていて、こいのぼりは男の子の立身出世、兜には男の子の健康を願います。こいのぼりを飾る家庭が減っていることに先ほど触れましたが、兜に関しても、最近は飾る場所や収納スペースの確保が難しい家庭も少なくなく、平飾りのものより、収納飾りやケース飾りが好まれる傾向です。

●こいのぼり

「こいのぼり」は江戸時代の武家ではじまった風習で、5月5日が近づくと男の子の立身出世を願って庭先などにこいのぼりを飾ります。最近はマンションが増えるなどの住宅事情も相まって、ほとんど見かけることはなくなりました。

 こいのぼりは、竿の先に「矢車」(やぐるま)をつけ、その下に五色の「吹き流し」(ふきながし)をつけ、その後、「真鯉」(まごい)、「緋鯉」(ひごい)、「子鯉」(こごい)と続きます。童謡にもありますが、最も大きな真鯉がお父さん、真ん中の赤色の緋鯉がお母さんもしくは長女、下の青色の子鯉が子どもたちであるとされています。

●菖蒲湯

 お風呂に菖蒲を入れる「菖蒲湯(しょうぶゆ)」は、「端午の節句」の伝統的な風習で、厄除けの意味があります。「菖蒲」と「尚武」とをかけ、江戸時代の武家社会で広まりました。ちなみに、お風呂に入れるのはサトイモ科の「菖蒲」であって、アヤメ科の「花菖蒲」は別物です。

■まとめ

 今でも、男の子が生まれると祖父母から五月人形が贈られ、5月5日の「こどもの日」に初節句としてみんなでお祝いする……という文化は残っているものの、多くの伝統行事同様、簡素化やカジュアル化が進み、五月人形はコンパクトなものが選ばれ、記念写真はレンタルの着物で前撮り、5月5日にこだわらずゴールデンウイーク前後の都合のよい日時にみんなで集まってわいわい食事会をするスタイルが増えてきています。どんなお祝いにするかは、家庭内でよくよく話し合うとよいでしょう。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-