こどもの日に「菖蒲湯」を入れる理由とは!?の画像
こどもの日に「菖蒲湯」を入れる理由とは!?の画像

 5月5日は「こどもの日」。男の子のいる家庭では、五月人形や兜を飾ったり、柏餅を食べたりして、お祝いするイメージがありますね。最近は滅多に見かけませんが、ひと昔前は、屋根にこいのぼりを立てる風習もありました。「こどもの日」の由来と歴史、最近のお祝い事情について説明します。

■「こどもの日」とは?

 5月5日「こどもの日」は、1948年(昭和23年)に制定された「国民の祝日に関する法律」によって定められた、「国民の祝日」です。「国民の祝日に関する法律」には以下のような記述があります。

『こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。』

 3月3日の「ひな祭り」が“桃の節句”“女の子のお祭り”と呼ばれているのに対して、5月5日の「こどもの日」は“端午の節句”“男の子のお祭り”と呼ばれているイメージがありますが、少なくとも「国民の祝日」の定義の中では、男の子・女の子にこだわらず“こども”全般の幸福を願う日であるとされているのです。とはいえ現在も、男の子が生まれると5月5日に「端午の節句(たんごのせっく)」としてお祝いをする伝統文化が残っています。次は、「端午の節句」について見ていきましょう。

■「端午の節句」とは?

「端午」とは、元々は、古代中国ではじまった厄払いを目的とした風習でした。元来は、5月に限らず“月の最初の午(うま)の日”を「端午」と呼んでいましたが、5月が「牛の月」にあたること、「午(ご)」が「五」に通じること、奇数が重なりおめでたい「重五(ちょうご)日」にもあたることなどから、「5月5日=端午」という概念が浸透していったといいます。

 日本に伝わってきたのは平安時代のことです。当時の日本では、田植え月である5月に日本古来の風習の「五月忌み(さつきいみ)」をおこなっていました。「五月忌み」とは、田植えをする若い女性である「早乙女(さおとめ)」が田植え前に一定期間神社などにこもって身を清めることです。

 これらふたつの習慣が結びついたことによって、日本でも「端午の節句」が生まれ、早乙女は田植え前夜になると小屋にこもって菖蒲酒を飲んで身のけがれをはらうようになりました。日本の「端午の節句」は、元々は、男の子ではなく若い女性である早乙女の儀式だったのです。

 その後世の中は、貴族の時代から武士の時代へと移っていくわけですが、その流れで、「端午の節句」も男の子の健康と成長、立身出世を願う行事に変わっていき、鎧兜などの五月人形を飾るようになりました。江戸時代には幕府が「五節句」のひとつとして「端午の節句」を定め、庶民にも季節の行事として定着していきました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3