■離乳食作りに疲れたら

 離乳食の初期から完了期までの時期と、その食事について触れてきた。これから離乳食にトライする時期の読者もいることだろう。そんな方々にお伝えしておきたいが、離乳食を作るのは本当に大変だ。脅すわけではない、本当なのだ。楽に離乳食を作れるグッズなどもあるが、それも自分に合う・合わないがあるうえ、赤ちゃんが好きな食べ物や嫌いな食べ物、進み方がゆっくりだったり早かったりなどによって、その時期をどう乗り切るかが千差万別なのである。育児に疲れることが多いのも離乳食の時期である。

 そんなときは手作りにこだわりすぎず、市販のベビーフードで乗り切ることをおすすめしたい。最近では、離乳食初期のおかゆから市販されている。また、柔らかく煮た野菜をすりつぶしたり、裏ごししたり、という手間のかかる作業が省ける「裏ごし」シリーズなども売られている。特に完了期よりも前の時期は、母乳やミルクでも栄養をしっかり摂っているので、食べないことを気にしすぎないでほしい。

■まとめ

 食べてくれるだろうか、アレルギーは出ないだろうか、と、初期から後期、そして完了期まで、離乳食期は本当に大変な時期。最初はなかなか赤ちゃんが食べてくれなくて、悩んだり苦しむママも多い。だが、いつかは絶対に食べてくれるようになる。力を抜いて、できるだけ楽をしながら乗り切ってほしい。

本日の新着記事を読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5