結納時の服装は!? 使ってはいけない「忌み言葉」まで、常識とマナーを解説

 日本の婚約の儀式である「結納(ゆいのう)」。現代は、仲人を立てない「略式結納」が普及し、あるいは顔合わせの食事会のみで結納はやらない、というカップルも増えています。現代の結納事情と、マナーやしきたりについて解説します。

■「結納」とは?

「結納(ゆいのう)」とは、婚約が成立したしるしとして、当事者同士、あるいは親同士が、金品や品物を取り交わす儀式です。かつて結婚が当事者よりも家同士が結びつくことを意味していた時代、結納は、両家の「結びつき」をお祝いして贈り物を「納める」ための重大な儀式と考えられていました。

 結納のしきたりは地域によって違いがあり、だからこそ、異なる地域の者同士が結婚するときはくれぐれもしきたりの違いに気をつけるべき……ともいわれていましたが、現代では結納を「結婚するにあたって必須のもの」「厳粛かつ重大な儀式」ととらえている人は減少しています。結納自体行わずに結婚するカップルも珍しくありませんし、結納を取りおこなう場合も「正式結納」ではなく「略式結納」を選ぶカップルが増えてきています。

●結納の歴史

 結納の起源は、4~5世紀ごろの皇室にさかのぼります。当時の天皇であった仁徳天皇(にんとくてんのう)は、当時の皇太子で後の履中天皇(りちゅうてんのう)が皇妃として黒媛(くろひめ)を迎えるときに「納采(のうさい)」として贈り物を贈りました。これが、現在の皇室の儀式にもある「納采の儀(のうさいのぎ)」のはじまりです。この「納采の儀」が、長い長い年月をかけて「結納」として広まりました。

 結納は、“ゆいのもの”とも呼ばれ、2つの家が新しく婚姻関係を結ぶために、新郎側の家族が酒や肴などの品物を新婦のもとへ持っていき、新婦側の家族は料理を出してもてなしました。これが結納です。

 公家や武家でも行われるようになったのは室町時代、庶民に広まったのは江戸時代末期~明治初期の頃だといいます。このお酒や肴が、次第に花嫁の衣裳や装身具に取って替わり、伝統的な結納品は形式的な添え物のようになったり、簡略化されたりするようになりました。そして、品物ではなく、「これで結婚のために必要なお支度を整えてください」という意味で「結納金(ゆいのうきん)」が贈られるようになりました。

●結納には「正式結納」と「略式結納」がある

  先ほども少しだけ触れましたが、結納のスタイルには「正式結納(せいしきゆいのう)」と「略式結納(りゃくしきゆいのう)」があります。

□正式結納

 仲人(なこうど)が両家の間を行き来して結納品と受書を受け渡します。よって結納場所は両家の自宅で、このとき両家同士が顔を合わせることはありません。

□略式結納

 両家が一堂に会しているところで行われます。結納場所として多いのはホテルやレストランや料亭ですが、新郎側が新婦側の自宅を訪ねるケースもあります。略式結納での進行役は、仲人を立てていれば仲人が務め、仲人を立てていなければ新郎側の父親が務めることが多いです。また、「略式」なので当事者同士や両家同士で話し合って結納品や進行を簡略化することも増えてきています。

●地域によって結納のしきたりは違う

 結納のしきたりは、地域によって異なり、大きく3つ「関東式」「関西式」「九州式」に分けられています。略式結納が主流となっている最近は、結納のしきたりをめぐってトラブルが発生することも少なくなっているのですが、万が一に備え、それぞれの地域の事情やしきたりをある程度把握しておくために、簡単に説明します。

□関東式結納

 結納に際して、新郎側と新婦側の立場が同格であり、ゆえにお互いが同格の結納品を用意し“取り交わす”スタイルが関東式です。新婦側は、新郎側から贈られた結納金の半額を、新郎側への結納金として贈るのがベターとされています。関東式は武家の影響もあってか、儀式も結納品も、関西式や九州式と比べるとシンプルかつ質素です。

 代表的な結納品は、「目録(もくろく)」「長熨斗(ながのし)」「金包包(きんぽうづつみ)」「勝男節/松魚節(かつおぶし)」「寿留女/寿留米(するめ)」「子生婦(こんぶ)」「友志良賀/友白髪(ともしらが)」「末広/寿恵広(すえひろ)」「家内喜多留(やなぎだる)」です。

 該当地域は、北海道、東北地方、関東地方、新潟県、長野県、静岡県などが挙げられます。

□関西式結納

 シンプルで質素な関東式とは対照的に、公家の流れを受けて豪華な結納を行うのが関西式です。また、結納で新郎側と新婦側の立場が同格な関東とは違い、関西式の結納は、新郎側が新婦側に“納める”ものというスタイルとなっています。結納当日、結納品を贈るのは新郎側のみ、新婦側は受書を渡すのみで結納品は贈りません。そして新婦側は後日、結納時に送られた金額の1割ほどの金額を新郎側の自宅に返礼するのがしきたりとなっています。もちろん結納品も関東と比べて豪華で、15品目、23品目そろえる地域もあります。

 代表的な結納品は、「小袖料(こそでりょう)」「長熨斗(ながのし)」「鶴飾り(つるかざり)」「松魚料(まつうおりょう)」「寿留米/寿留女(するめ)」「子生婦(こんぶ)」「末広/寿恵広(すえひろ)」「家内喜多留(やなぎだる)」「結美輪(ゆびわ)」「高砂人形(たかさごにんぎょう)」が挙げられます。

 該当地域は、近畿地方、東海地方、中国地方、四国地方、北陸地方です。

□九州式結納

 関西以上に結納を重んじる文化があるのが九州です。関西式結納スタイルに加えて、結納前に新郎側家族が新婦側家族に、お茶、清酒、真鯛などを持参する習慣の地域もあります。

 ちなみに沖縄県には、独自の結納文化があり、満潮の時期に新郎側が結納商品、結納料理、天ぷらを持参して新婦宅を訪問します。

■現代の「結納」事情

 現代では、結納を行う場合は「略式結納」が圧倒的多数を占めていますし、結納自体行わず食事会だけで済ませるケースも珍しくないものとなりました。「略式結納」は、「正式結納」と比べてコストが低く抑えられ、準備にさほど時間もかからず、堅苦しさもありません。当事者たちも親たちも、「儀式」というより「両家の顔合わせ」や「両家の親睦を深める機会」といった感覚に近いのです。

 略式結納を行う場所としては、新婦側の自宅、ホテル、レストラン、料亭などが挙げられます。

 新婦側の自宅で行う場合、費用や時間をさほど気にせずにアットホームな雰囲気で結納が行える反面、掃除や整理整頓をしたり料理を手配したりといった準備が負担になってしまう面もあります。

 ホテル、レストラン、料亭の一室を借りて行う場合、もちろん場所の選定、事前予約、日程調整などは必要であり、一定の費用が求められますが、自宅で行うよりも準備の負担は軽くなります。とくにホテルでは「結納プラン」をもうけているところもあり、当日の流れや段取り、用意するもの、ふさわしい服装など、スタッフが丁寧に導いてくれるとあって、重宝されています。最近は、結納の知識を持ち合わせていない人も多く、専門のスタッフが導いてくれるのは心強くて安心です。

●結納金の相場は?

 最近は、50~100万円が相場です。略式とはいえ、関東では贈られた側が半額を返す「半返し」、関西では1割を返すしきたりは残っているのですが、その点についても両家で事前に話し合って決めておくのがおすすめです。

●両家でしきたりが違うときは?

 今も昔も“結納あるある”の代表格なのが、両家におけるしきたりの違いです。昔は、新郎側のしきたりに合わせるべきだとされていましたが、最近ではこだわりが強い側に合わせるケースもあります。また、地元の同級生など“同じ地域”の者と結婚する場合であっても、必ずしも両家のしきたりが同じとは限りません。相手の親は別の地域出身で、出身地のしきたりにこだわりを持っている可能性もあります。トラブルを避けるためにも、結納前に両家の話し合いの場をもうけるようにしましょう。

■「略式結納」で用意するもの

□結納品

 略式の場合3品目程度になることが多いのですが、これもやはり地域によるしきたりや相場の違いには留意しておきたいものであり、両家で話し合っておくことが大切です。ホテルの「結納パック」では、結納品もセッティングされることが多く、便利です。

□婚約記念品

 結納のときに贈られる婚約記念品。最も代表的なのは、「指輪」と「時計」です。とはいえ婚約記念品は略式結納の必須アイテムではありませんので、用意するかどうかは両家で話し合って決めます。最近では、結婚後を考えて貯金するために、記念品を用意しないケースが増えてきています。

□書状

 略式結納で必要となる書状は、「目録」と「受書」です。両者は対になっていて、「目録」は結納品の品目および数を確認し、「受書」は結納品を確かに受け取ったという証明書です。正式結納では、これらに加えて「家族書」や「親族書」を用意しますが、略式結納では省略されることが多いです。

□手土産

 手土産も、必須アイテムではありません。しつこいようですが、こちらも用意するか否かは両家で話し合っておく必要があります。一方が用意していて、もう一方が用意していない……という状況は、雰囲気を悪くする恐れもあるので、避けたいところです。用意することになった場合、よく選ばれるのは地元で評判のお菓子や特産品などですが、新郎新婦がお互いの親の好みを伝え合うなどして、相手の親に喜ばれる手土産を選びましょう。

■略式結納にふさわしい服装

 略式結納のときの服装は、両家で「格」を合わせることが大切です。

●新郎の服装

 新郎は、ブラックスーツもしくダークスーツ着用が一般的です。ネクタイの色は、白かグレーを選びましょう。新婦側が和装の場合は、モーニングや羽織袴を着用するという選択肢もあります。

●新婦の服装

 洋装の場合、ワンピースがおすすめです。肌の露出が少なくてドレッシーなデザインのものを選びましょう。和装の場合は、振袖、中振袖、訪問着、つけ下げなどがありますが、結婚後には着られなくなる振袖を選んでもいいでしょう。

●男親の服装

 当事者の新郎同様、ブラックスーツもしくはダークスーツ着用が一般的となっています。

●女親の服装

 洋装にしろ和装にしろ、新婦と格を合わせましょう。洋装の場合は、露出控えめのスーツもしくはワンピースが好ましいです。和装の場合、新婦が振袖着用ならば黒留め袖を選び、新婦が訪問着着用なら同じく訪問着を選びましょう。くれぐれも、新婦より「目立つ」ファッションとならないよう、注意しましょう。

 先方から贈られた結納品は風呂敷に包み持ち帰りますので、風呂敷は必ず持参しましょう。

■略式結納の段取り

 略式結納の進行役は、仲人を立てていれば仲人が、仲人を立てていなければ新郎側の父親が務めるケースが一般的です。

●略式結納での代表的な流れ

(1)結納品を飾る

白木の献上台に乗せる飾り方が主流です。

(2)はじまりのあいさつ

進行役の方が行います。

(3)結納品の受け渡し

新郎側の母親が行います。新婦側の父親、あるいは新婦自身が目録に目を通して口上を述べ、受書を渡します。

(4)結納返しを渡す

新婦側の母親が行います。※これを行うのは、結納返しのしきたりがあるケースのみです。

(5)婚約記念品の交換・披露

※これを行うのは、婚約記念品を用意しているケースのみです。

 そして現代では、儀式後に記念撮影、食事会、という運びになることが多いです。撮影した写真は結婚式の披露宴でも使えますし、思い出になります。食事会は祝い膳ですので、お酒の飲み過ぎには注意しましょう。

●結納のとき、縁起が悪いとされているもの

□割り箸

 結納での食事会で、割り箸は使いません。割り箸は「割って」使うため縁起悪いと考えられているからです。

□風呂敷の結び目

 結納品などは風呂敷に包んで持参するしきたりが残っていますが、その際、風呂敷に結び目は作らないでおきます。なぜなら、「結び目をほどく」のは縁起が悪いとされているからです。

□忌み言葉

 当日の会話において、「別れる」「割れる」「ほどける」「切れる」「離れる」「壊れる」など、結納のときに縁起が悪いとされている言葉を使うのは、慎むようにしましょう。

■まとめ

 現代は、親世代も子ども世代も「結納」に対するこだわりは持っておらず、ゆえに「略式結納」が好まれる傾向にあります。とはいえ、両家のしきたりに違いがあるか否かは事前にしっかり確認し、違っている場合はどのような形式でおこなうか決めなければなりません。また当日のファッションや手土産の有無についても、両家の格に差が出てしまわないよう気をつける必要があります。

 せっかく結納を行うからには、トラブルを避け、和やかな雰囲気で進めたいという方が多いでしょう。そのためには、とにもかくにも「両家の話し合い」を重ねることが大切です。しきたりの違いに気づき、話し合いが進まない……ということもあるかもしれませんが、結婚前に、相手側の親の人となりや価値観に触れるための良い機会ともいえ、相手側の両親との距離の取り方も学べます。

 現代において、結納は行っても行わなくてもどちらでもよい儀式に過ぎません。両家のしきたりや価値観があまりに違い過ぎて結論が出ないのであれば、いっそ結納を中止したっていいのです。よくよく話し合い、両家にとって、あるいは本人同士にとってよりベストな道を選択しましょう!

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな