有吉弘行、上島竜兵への“ぐだぐだ”誕生日サプライズを嘆く

 1月21日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)でお笑いタレントの有吉弘行(43)が、ロケの打ち上げでダチョウ倶楽部の上島竜兵(57)の、誕生日サプライズを仕掛けたときのことを語った。

 番組の冒頭、有吉は金曜日にレギュラー出演している昼の情報番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、久本雅美(59)ら共演者たちが次々とインフルエンザにかかってしまったと、驚いていた。続いて「広島ロケに仕事で行ってね」と、上島と広島ロケに行ったときのことを語り始めた。

 有吉によると、ロケの打ち上げで上島と久しぶりに飲んだのだが、かなり酒に弱くなっていたそうで、「朝5時とか6時まで飲んでた上島さんじゃないよね。打ち上げが始まって、1時間ぐらいで“もう酔っちゃってダメだ”って」と、上島は焼酎2杯とウイスキーの水割りなどを飲んだだけでろれつが回らなくなり、「帰ろうかな」と言い始めたと振り返った。

 その日(1月20日)は上島の誕生日であったため、サプライズケーキが用意されており、「1時間で帰ると思わないから、大騒ぎよ」と、有吉。番組スタッフが「ちょっと待ってください。電気消して!」と慌て、大急ぎで“ハッピバースデートゥーユー”を合唱したのだという。

 これを聞いて、アシスタントを務めるデンジャラスの安田和博(50)が「こっちがビックリして」と笑っていると、有吉は「7時すぎぐらいからやって、8時ぐらいには帰ろうとするんだもん。ビックリした」と語り、バースデーケーキのロウソクを有吉が吹き消したところ、上島が「やめろ!」と怒りながらうれしそうにしていたと、笑いながら語った。

「上島といえば、以前は“竜兵会”という後輩芸人の集団を率いて、定期的に飲み会を開いていたのですが、2016年9月16日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、上島の了承を得ずに、後輩たちから解散を発表されてしまいました。これを機に、朝方まで飲み明かすことが減ったと言われています」(お笑いライター)――無理に飲まないほうが体のためです。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな