菅田将暉、山崎賢人の天然ぶりを“絶妙フォロー”

 1月23日に放送された『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に、俳優の菅田将暉(24)と山崎賢人(23)が出演。山崎がその天然さを発揮し、タレントのウエンツ瑛士(32)をあきれさせる場面があった。

 今回、菅田と山崎はウエンツとともに、高円寺の街をアポなし旅。菅田の行きつけだという勝浦式担々麺を食べながら、料理の話題になり、山崎が「菅田くんの作るカレーうまいです」と発言。菅田も「よく作ったね~」と、自宅でアボカドチーズカレーを作ったと語った。山崎は菅田の家に泊りがけで遊びに行っていた時期があったそうで、菅田も「ずっといたよね、あのとき」と仕事が少なく、暇だったという当時を述懐。話を聞いたウエンツは「それ本当に仲が良いやつだよ」と驚いていた。

 菅田は、山崎が甘いカレーと辛いカレーの両方が食べたいとリクエストしたため、「仕方なくフライパン2つで両方作りましたもん」と2種類のカレーを作ったと告白。これにウエンツが「どっちかにしろよって、言えばいいじゃん!」とツッコむと、山崎は「起きたら作ってくれていたんですよ」と、菅田が料理している間に自分は寝ていたと明かし、ウエンツに「おまえは寝てたの?」とあきれられていた。

 その後、山崎が通行人に高円寺のおいしい店を聞いたのだが、相手の言っていることをまったく聞かずに同じことを質問するなど、天然ぶりを発揮。見かねたウエンツが「ふざけてはいないよね? 天然だよね?」と確認すると、菅田が「気がつきました? 賢人くん、たまに(言われていることが)聞こえてないんですよ」とフォローし、「聞こえていないし、あんまり聞こうともしてない」と山崎のマイペースな性格を説明した。山崎は「ボケているつもりない」と弁解していたのだが、「(スイッチを)一回切っちゃってました」と、自ら聞いていなかったことを明かして菅田とウエンツにあきれられていた。

「菅田と山崎は共演が多かったこともあって、本当に仲が良いんですよ。以前は一緒にいる写真があまりに頻繁にSNSに上がるので、ファンの間で怪しい関係なのではないかと黄色い声もあったほどです」(芸能誌記者)――息が合いすぎ!

本日の新着記事を読む