IKKOの「どんだけ〜」誕生は、ダウンタウン浜田雅功のおかげだった!?

 1月23日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に、タレントのIKKO(56)が出演。代名詞ともいえるフレーズ「どんだけ~」の誕生秘話を語り、視聴者を驚かせたようだ。

 この日の放送で、MCの笑福亭鶴瓶(66)はIKKOに「何がきっかけでテレビに(出たのか)?」と質問。もともとはヘアメイクとして有名だったIKKOだが、テレビ番組の密着取材が行われたことがそのきっかけだったという。

 その後、2人は流行語になったフレーズ「どんだけ~」の話題に。当時テレビに出始めたIKKOは、「(他のタレントに)ツッコまれて、いつも笑ってばっかりじゃいけない」と苦悩。そんなとき美容室の知人が、新宿二丁目ではやっていた「“どんだけ~”言えばいいんじゃないですか?」とアドバイスしてくれたという。

 その言葉が頭に残っていたIKKOは、ダウンタウンの浜田雅功(54)にツッコまれた際、とっさに「どんだけ~」とリアクション。そのとき、緊張のあまり手が震えていたことで、偶然人差し指を揺らす独特のポーズが生まれ、そこから「どんだけ~」がIKKOのものとして定着してしまったと語った。

 さらにIKKOは、明石家さんま(62)の番組で「まぼろし~」というフレーズ、とんねるずの番組で「背負い投げ~」というフレーズが生まれたことを告白。これに鶴瓶は「ダウンタウンとか、とんねるずとか、そういうところから生まれてるんやな」「(IKKOは)お笑いによって育てられてるんやな」と、しきりに感心していた。

 そんなIKKOの「どんだけ~」誕生秘話に、視聴者も驚いたようだ。ネットには「あの持ちネタが偶然の産物だとは驚き」「こんなに大物ばかり関わってると思わなかった」「ダウンタウンにも、とんねるずにも愛されてるんだね」「パターン増えていくの面白すぎでしょ」と、多くの反響が上がっていた。

「“どんだけ~”のフレーズは、2007年の新語・流行語大賞のトップテンにランクインしました。もともと新宿二丁目界隈で流行していたフレーズだとはいっても、ここまで世間の話題となる言葉となったのは、間違いなくIKKOの功績でしょう」(芸能誌ライター)――ブレイクの陰に、大物芸人のアシストあり。

本日の新着記事を読む