メイプル超合金・カズレーザー、“10代へのアドバイス”に大反響「説得力が違う」

 1月23日深夜放送の『ゲスト メイプル超合金』(フジテレビ系)で、メイプル超合金のカズレーザー(33)が持論を展開。10代の悩みに対する回答が、多くの視聴者を感心させたようだ。

 この日放送された「本気10代話し場」のコーナーで、メイプル超合金の2人は10代の若者たちと討論。「人を見た目で判断するな」というテーマで、熱い議論が交わされた。

 このテーマは、音大2年生の女性が提案したもので、彼女が中学生の頃から抱える「永遠の悩み」だと告白。ずっとまじめに頑張ってきたにもかかわらず、服装などの見た目だけで「チャラい」と思われることが心外だと語った。

 カズレーザー自身が個性的なファッションをしていることもあり、「見た目で判断されることはやっぱ多い」と彼女の意見に一部同意。ただし、「僕の場合、自分で選んでいる外見だっていうのはある」と、トレードマークの金髪や赤い衣装は、自分の判断で選んだと説明した。

 そのうえでカズレーザーは、もともと生物は視覚情報を重視して判断するように進化していると解説。その理由として、目で見た情報は、音や匂いよりも一瞬で得られる情報量が多いからと述べ、「外見が近いものは自分に近いもの、外見が違うものは自分と異なるもの」と判断することが生物としての本能だと分析した。

 そしてカズレーザーは、「自分の意思で選んでいるものに対して、私はこういう格好をしているから“こう思われた”。それは嫌だと感じるのは自分の勝手」とキッパリ。他人が抱くイメージはどうすることもできないので、「まじめに思われたいんだったら、まじめに思われる格好をするべき」とアドバイスを送った。

 きちんと論理立てて答えて助言するカズレーザーに、視聴者は感心。ネットには「正論すぎて、ぐうの音も出ない」「めちゃくちゃ優秀な意見だと思う。やっぱりカズさんは頭良いな」「これは本当に真理でしょ。カズレーザーの意見が100%正しいと言っても過言じゃない」「説得力が違いすぎる。こんなふうに言われたら納得せざるを得ない」と、カズレーザーを絶賛するコメントが相次いでいた。

「カズレーザーは、ブレイク当初こそ奇抜なファッションで話題になりましたが、今ではすっかりインテリタレントとして知られています。『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)内のコーナー、『カズレーザークリニック』では、高学歴女子が抱えるさまざまな悩みに回答。鋭い意見や名言を連発して、話題を呼んでいましたね」(芸能誌ライター)――抜群の説得力!

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン