三回忌は二年目? 法事での服装や香典の金額、お返しなどを解説

 家族が亡くなった後も、たびたびやってくるのが法事・法要。一周忌までは覚えているけど、それ以降はあいまいになりがちだ。その次の三回忌はいつで、何を行うべきなのか? 先祖供養の方法は宗教によって異なるが、ここでは日本で一般的な仏式の供養について詳しく紹介する。

■三回忌の法要はいつ行うのか

 三回忌は、仏教の教えで定められた年に行う、死者を供養する「年忌法要(ねんきほうよう)」の行事のひとつ。「一周忌」などと同じ類で、該当年の祥月命日に実施する。祥月命日とは忌日ともいい、亡くなった翌年以降の命日を指す。節目に、親族をはじめ故人を知る人たちで集まり、しのび、供養するのが目的だ。

 三回忌の法要は、故人が亡くなった年の翌々年に行う。祥月命日に日程の都合がつかない場合は、事前にすませるのが望ましい。施主は、故人の葬儀の喪主を務めた人物が行うケースが多い。

■三回忌の法事で施主が行うべき準備を徹底解説!

 僧侶を呼んでお経をあげてもらい、集まった人たちで会食をする。時期によっては僧侶が多忙になるため、早めに予約をしておきたい。そのため三回忌を迎える約2か月前には準備に着手し、約1か月前には参列者の出欠確認をしておこう。その流れを、下記に詳しく解説する。

【三回忌法要の準備】

(1)会場を決める。家が檀家になっている菩提寺を利用するか、参列者が少ない場合は自宅でもいい。

(2)僧侶へ連絡し、祥月命日か、その前でスケジュールを調整。

(3)食事会の手配をする。大体の人数で仮予約。食事の価格帯は3000円程度から。和食のお弁当か、懐石料理が一般的だ。

(4)参列者へ出欠を確認。案内状の場合は、文面に句読点を使用しないこと。往復ハガキか一重の封筒に入れて発送する。少人数の場合は電話でもOK。

(5)参列人数を決定し、法事の会場と食事の会場などへ連絡。参列者に足腰の悪い人や、食べられない物がある人がいるかなども確認し、関係各所に伝えよう。

(6)参列者への返礼の品、引き出物を発注。価格は2000円前後が基本。乾き物のお菓子やお茶など、軽くて日持ちする食品や、生活用品なら洗剤など、消耗品が望ましい。品物にかけるのしは、水引が青か黄色の結び切りで、表書きに「志」または「荒供養」と書いた下に施主の家名を記す。

(7)僧侶へのお布施を用意。金額は3万~5万円、自宅へ来てもらう場合は別途車代として5000円~1万円を包む。金額は僧侶に「皆さんお幾らほど包まれていますか?」と相談してもかまわない。もちろん、他の檀家に相場を訪ねてみてもいい。お布施と車代はいずれも白い封筒に収め、裏側に旧字の漢数字で金額と、名前、住所を記入する。

●案内状の例文

  • 謹啓 ○○(時候の言葉)の候 皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます
  • このたび亡○ ○○(姓 名)の三回忌にあたり左記のとおり心ばかりの法事を営みたいと存じます
  • つきましてはご多忙中誠に恐縮とは存じますがご参列賜りますようお願い申し上げます
  • 日時 平成◯◯年◯月◯日(◯曜日)午前◯時◯分より
  • 場所 自宅にて
  • 住所 ◯◯市◯◯区◯◯町◯-◯-◯
  • 電話 ◯◯◯-◯◯◯-◯◯◯◯
  • ※なお、法要後は供養の粗宴をご用意いたしております
  • ※お手数ではございますが◯月◯日までに返信にてご都合をお知らせ下さい

■三回忌法要に招く側の、当日のマナーと流れ

 前日までに用意しておく物が幾つかある。まずはお供えの花(法事会場の祭壇用、お墓用、家のお仏壇用など3対分)。バラなどトゲのある花は避け、生花店に三回忌用の花であることを伝えて用意してもらおう。供花と同様に、お菓子や果物などのお供え物も用意しよう。お寺で行う場合は、家のお仏壇から位牌と遺影も持参する。参列者へのお返しの品は、食事会場に届けておこう。そして、気になる家族の服装は、正式な喪服を着用すること。数珠を忘れずに。

●当日の流れ

(1)開始時間前に会場入りし、僧侶にあいさつを。位牌と遺影、供花とお供え物、御布施を渡す。

(2)会場の入り口で参列者を迎える。

(3)参列者が会場に着席したところで、僧侶が入場。施主が参列者へあいさつして法要がスタート。

(4)僧侶による読経と、参列者による焼香。最後に僧侶の説教があり、平均約1時間で終了。

(5)食事会場へ参列者を誘導。

(6)全員着席後、施主があいさつをして献杯の音頭をとる。

(7)2時間ほど食事と歓談をし、施主が締めくくって終了。参列者を見送る際にお返しの品を渡す。

●施主によるあいさつの例

 本日は、ご多忙中にもかかわらずお集まり下さり、誠にありがとうございました。それではこれより○(続柄)「○○(名)」の三回忌の法要を執り行いたいと存じます。ご住職、よろしくお願いいたします。

■参列する側の常識&マナー

●返答のタイミング

 案内が届いたら、なるべく早く回答を。参加する場合、もし足腰が悪かったり、食べられない物があったりするなら、施主に伝えておこう。

●服装のマナー

 当日の服装は、喪服である必要なし。地味なスーツや黒、濃グレー基調の略式の礼服でOK。

●香典の相場

 香典の額は5000円~3万円が相場。故人との関係性や法要の規模による。自分が故人の子どもや義理の子どもに当たる場合、1万~5万円。兄弟に当たる場合は1万~3万円、孫の場合は5000円~1万円。親しい友人の場合は1万~3万円。知人レベルの場合は2000円~5000円といったところだろう。会食に参加する場合はプラス5000円~1万円程度上乗せする。

 香典袋は黄白か黒白で、水引は結び切りのものを。表書きには「御仏前」か「御香料」の下にフルネームを記す。筆ペンは薄墨色でなく、濃い黒を使う。

●お供え物

 お供え物を持参する際は、肉や魚以外の日持ちする食べ物を。お酒、花やろうそくでもいい。のしは黄色か黒の結び切りで「御供」か「御仏前」と記す。

 当日は施主の指示に従って参列しよう。

●三回忌法要に出席できない場合は

 なるべく早く参列できない旨の回答を。その上で当日までに「御供物料」か「御仏膳」と記した香典袋に包んだお金を施主へ現金書留で送る。

■知っておいて損はない、三回忌以外の法要と数え方

 誰かが亡くなった後、いつどんな法事があるのか、三回忌以外もざっと見てみよう。

●初七日

 本来は死後7日目に行うが、最近はお葬式の日に初七日の法要をまとめることが多い。

●四十九日(忌明け/きあけ)

 仏教において、人は亡くなった後、7日ごとに閻魔大王の裁きを受け、49日目に判決が出るとされている。ここで仮の白木位牌から本位牌に魂を移す。

●百か日(卒哭忌/そっこくき)

 遺族がこの日を境に悲しむ気持ちを払拭するための儀式として、家族で行う。

●一周忌

 亡くなってから満1年目の祥月命日。ここからが年忌法要で、一周忌が終わるまでが一般的な喪中期間。

●三回忌

 三回忌までは親戚以外も集めて法事を行うことが多い。三回忌以降は数え年(満年数-1年)の祥月命日に法要を行う。

●七回忌(没後6年)

●十三回忌(没後12年)

 七回忌、十三回忌は親族のみ、家族のみで行うことが多い。

●十七回忌(没後16年)

●二十三回忌(没後22年)

●二十五回忌(没後24年)

●二十七回忌(没後26年)

 いずれも法要は省略するケースが多い。

●三十三回忌(没後32年)

「弔い上げ」といって永代供養を行い、これ以上は年忌供養を行わない。お仏壇にある位牌は、代々の家の位牌に合祀。仏教では死後33年経つと、生前どんな人物であっても極楽浄土へ行くと考えられているため。

■まとめ

 生きている人々が故人に対して行う供養全般を、追善供養という。形式やマナーはもちろん大切だが、皆が集って故人をしのび、先祖への感謝の言葉を口にするのが一番の供養かもしれない。また、法事にまつわる常識は、地域や宗派によって詳細が異なるケースがある。紹介した内容が一般的だが、菩提寺に確認してみるのが安心だ。

本日の新着記事を読む