乃木坂46・中村麗乃、新“頭NO王”決定にマジ泣き

 1月28日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)に、乃木坂46の和田まあや(19)が出演。中村麗乃(16)と、メンバー内のおバカナンバーワンを激しく争った。

 今回は、先週行われた“頭NO(ノウ)王決定戦”の後半。予選を突破した2期生、3期生たち合計8名でクイズ対決を行い、残った4名が、乃木坂ナンバーワンのおバカ絶対王者といわれる和田と、最終対決の早押しクイズに挑んだ。

 珍解答が連発される中、「エジソンの名言“天才とは1%のひらめきと99%の◯◯”。さて99%の何?」という問題に、相楽伊織(20)が問題の途中で「努力!」と答えて正解に。ここでMCを務めるバナナマンの設楽統(44)が、和田に今の問題が分かったかと聞くと、和田は「いや、運かなって思いました」と返答。その言葉に設楽は「エジソンはほぼ運で、何かをなし遂げたってことか!」と、珍解答に驚きの声を上げ、日村も「かわいそうだよエジソン!」とあきれていた。

 その後、正解したメンバーが勝ち抜けていき、最後に和田と一騎打ちになったのが中村だった。「1969年に初めて月に到着したロケットの名前は?」という問題に、設楽が「チョコレートになってるよ」とヒントを出すと、中村が必死に出した答えは「たけのこ」。その直後に和田が「アポロ!」と答え、何号かも答えるように言われると、和田は激しく動揺しながらも「11号!」と奇跡の正解をして見事に勝ち抜け。2代目“頭NO王”に決定した中村は、「やだあ」と涙を浮かべていた。

「不名誉なナンバーワンになってガチ泣きしていた中村麗乃ですが、“たけのこ”という解答には、ファンから“かわいい”という声もありましたし、十分にキャラをアピールできたと思いますよ。まだまだこれからの3期生ですが、期待できるメンバーだと思います」(アイドル誌ライター)――目立ったもん勝ちです!

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン