イチロー「日本プロ野球に復帰」は本当にあるのか?

 数々の金字塔を打ち立てた天才が故郷に錦を飾るのか。日米のファンが見守る中、最新情報から、その去就を占ってみた!

「イチローは日本に帰るかもしれない」 1月16日(日本時間17日)、メジャーリーグ公式サイトが、マーリンズからFAとなったイチロー(44)が日本球界に復帰する可能性に言及した。これは、その直前、イチローの代理人であるジョン・ボッグス氏が、「メジャー球団からのオファーがなかった場合、イチローが日本でキャリアを終える可能性がある」と、示唆したことを受けたものだ。

■中日ドラゴンズがいち早く反応

 この報道に、いち早く反応したのが、イチローの地元・愛知を本拠地とする中日だった。同18日、中日の森繁和監督は、「獲得を目指して正式にオファーしている」と、記者団の前で明らかにしたのだ。「中日は、2016年のドラフトから“地元回帰”の姿勢を明確にしています。昨年のドラフトでも、育成を含めた指名8選手のうち4人が東海地区出身なんです。地元のヒーローを招きたいのは当然でしょう」(スポーツ紙デスク)

 中日が地元回帰を打ち出した最大の要因は、観客動員の回復だ。テレビの地上波放送でのプロ野球中継がめっきり減った昨今、NPB全体の観客動員は増えているのに対し、中日だけは右肩下がりなのが現状。「松坂大輔を獲得したように、観客動員回復の起爆剤として、イチローにも触手を伸ばしているんじゃないでしょうか。イチローと松坂が在籍するチームなんて、オールドファン垂涎ですからね」(前同)

■オリックスのCMに出演し続けるイチロー

 だが、イチローを狙っている球団は、中日だけではない。いや、むしろ中日よりも獲得の可能性が高いと考えられているのは、古巣のオリックスだ。イチローは海を渡った後も、オフになると必ず同球団のグラウンドで練習しており、震災からの復興の道をともに歩んだ神戸への想いも強いはず。

 また、今なおオリックスのCMに出演し続けるなど、オリックスの顔であり続けている。メジャーに詳しい大リーグ研究家の福島良一氏は、「イチローとオリックスの強い絆を考えれば、オリックス以外の選択肢は考えられない」と、断言する。

 地元・中日と古巣・オリックスが、その圧倒的な人気を当てにしてイチロー争奪戦を繰り広げている、と見えるだろうが、それだけではない。全盛期に比べると多少、力が落ちたとはいえ、イチローのポテンシャルはまだまだ高い。昨年のマーリンズでのイチローの打撃成績は196打数50安打、打率.255。やや寂しい数字だが、レギュラーとして起用されれば、まだまだ、昨年以上の成績を挙げることはできると見られている。

「バットコントロールのうまさは今も超一流だし、レーザービームの強肩は健在です。メジャーでお呼びがかからなかったとしても、日本なら十分、1番バッターとして活躍できる力を持っています。年齢的に、起用法は阪神の福留のように、適度に休養を取る使い方になると思います。福留が阪神打線を引っ張って現在の位置をキープしていることから考えれば、“1番・ライト・イチロー”の効果がそれ以上のものになるのは確実。どちらに行ったとしても、間違いなく優勝争いに食い込んでくるのではないか」(前出のデスク)

■メジャーリーグのワールドチャンピオンの称号を!

 イチローの日本球界復帰は、日本の野球ファンにとっては喜ばしい話だが、本当に実現するのか。メジャーから日本球界に復帰した経験を持つ評論家の藪恵壹氏は、イチローの日本復帰には否定的だ。「彼にはまだまだメジャーでやっていける力があるし、メジャーで野球を続けたいと考えている。ギリギリまでメジャー残留の道を探っていくと思います」

 また、前出の福島氏も、どちらかと言えば藪氏と同意見。大物の獲得に失敗したチームが補強に乗り出す可能性が高いというのだ。「現在、イチローの去就がなかなか決まらないのは、FA市場の動きが例年より鈍いからです。目玉のダルビッシュでさえ、1月下旬の段階で行き先が決まっていない。そのため、(第四の外野手として需要のある)イチローの去就が決まるのは、まだ先になるんじゃないでしょうか」

 イチローがメジャーに固執する理由は、メジャーで達成していない“大きな目標”があるからだという。「イチローはメジャーで、すでに殿堂入りが確実といわれる素晴らしい実績を残しています。しかし、ただ一つ手に入れていないのがワールドチャンピオンの称号なんです」(前出の藪氏)

 これまで殿堂入りした選手のほとんどがチャンピオンリングを手にしている。イチローとしては、これをどうしても手に入れたい。「優勝に近い有力球団が今のイチローにオファーを出す可能性は低いんですが、メジャーチームである限り、リングの可能性はある。だからこそ、イチローはメジャーに固執しているんです」(福島氏)

 確かに、イチローには夢の実現を果たしてもらいたい。しかし、イチローのプレーを今一度、日本で見たい――。「もし帰ってくることになったら、殿堂入り確実な現役バリバリのメジャーリーガーが日本にやって来るという初めてのケースです。それはプロ野球にとっても素晴らしいこと」(福島氏) はたして、歴史は動くのか――。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン