中居正広「260人しか来なかった」、舞祭組不人気イジリにファン感謝!?

 1月30日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、MCの中居正広(45)が後輩ユニット「舞祭組」の人気について嘆く場面があり、ファンを喜ばせたようだ。

 番組冒頭で中居は、同じく司会を務める笑福亭鶴瓶(66)に、寄席に来る客は多いかと質問。鶴瓶が「まぁまぁやね、ありがたいことに」と答えると、中居はKis-My-Ft2内のユニットで、自身が名づけ親でもある、千賀健永(26)、宮田俊哉(29)、横尾渉(31)、二階堂高嗣(27)による舞祭組について言及した。

 中居は、昨年12月13日に1stアルバム『舞祭組の、わっ!』が発売されたことを紹介し、全国各地でイベントを行ったことを報告。そして、「1000人のキャパのところに、260人しかお客さん来なかった」と暴露した。鶴瓶がKis-My-Ft2のライブでも来場客は少ないのかと聞くと、中居は「5万人のとこでライブやってんですもん」と説明。これを聞いた鶴瓶が「キスマイでいったら5万人入って、“舞祭組”でやったら260人」と驚くと、中居も「この差ってなぁに? って」と不思議がっていた。

 舞祭組はアルバム発売を記念し、12月15日からの3日間「舞祭組の輪を広げる日本行脚の旅」と称して、ファンとのハイタッチ会を決行。しかし実は、このイベントはエイベックスの公式サイトで深夜0時に発表されたうえ、どこで行われるかも伏せられていたため、会場に駆けつけることができないファンがほとんどだったようだ。

 そんな状況を知るファンからは、この日の中居の発言に対して、感謝の声が寄せられたようだ。ネットには「誤解招きそうな言い方だけど、中居くんの舞祭組愛が伝わる」「ゲリラライブだもん行けないよ! でも舞祭組だけでも5万人にしたいんだろうな中居くん」「中居くんがまたイジってくれてる、ありがたい!」と好意的なコメントが目立った。

「中居正広はラジオでもこの話をしてまして、少ないファンを相手に2曲歌い上げた舞祭組に、“260人のハートを、しっかりつかんで帰って来ることが大事”とエールを送っていました。過去にはSMAPも、ガラガラのライブを経験したことがあるようで、“俺らぐらいだと思ってた”とSMAPと舞祭組を重ねて語っていましたね」(アイドル誌ライター)

 いつか舞祭組の東京ドーム公演が行われる日を楽しみにしたい。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP