松坂桃李、週刊誌が入れない“穴場レストラン”を見つけて大喜び!?

 1月30日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に俳優の松坂桃李(29)が出演。MCのウエンツ瑛士(32)とのアポなしロケで、週刊誌にスクープされない穴場デートスポットを発見して喜ぶ場面が見られた。

 今回の放送は、“アポなし連発! 冬の2時間SP!”と題して、東京都目黒区駒場の松見坂をウエンツと松坂がアポなしロケすることに。街で出会った人たちに“おいしい食事ができる店”を聞き込みし、東京大学の構内にあるフレンチレストラン“ルヴェソンヴェール・橄欖(かんらん)”を教えてもらった。

 東京大学へ足を踏み入れようとした二人だったが、取材カメラは無断では入れないことが判明。守衛と交渉して「レストランの中だけで、構内を撮らなければOK」と言われ、レストランにアポなしロケを申し込んだ。しかし今度は「大学の広報に事前に通っている取材しかお受けすることできないんですよ」と断られてしまう。

 それでも、東大出身のプロデューサーの交渉で食事させてもらえることになり、恐縮してウエンツと松坂が頭を下げると、担当者は「無理くり開けさせられた感が……」などと苦笑い。この対応に「めちゃくちゃチクチク言いますやん」と不満げなウエンツだったが、松坂は「東大ですから。本来、我々が普通に(食事)できるとこじゃないですからね」と店内にうながした。

 フォーマルな店内の雰囲気に緊張気味の二人だったが、ウエンツは「ここならさ、週刊誌も入ってこられないんじゃない?」「だって、取材禁止だから」と、東京大学のセキュリティの厳しさを利用すれば、週刊誌の目から逃れられると発言。窓から店の外を見渡した松坂も「たしかに! それ(アポなし取材禁止)、適用される感じっすか?」と、急に店に入ろうとしても無理だと同意した。さらに、ウエンツが「週刊誌は撮れないんじゃない? ここで密会しても。なんか、ゲスい会話してるけど」とニヤリと笑うと、松坂は「可能性はありますね!」と、穴場スポットの発見を喜んでいた。

「放送中、ネット上では“担当者の態度がムカつく”など、店側の対応を批判する意見と、“約束なしに休憩時間に来られたら迷惑で当然”、などと番組側を批判する意見が交わされ、出演者とは別のところで炎上していました。しかし、放送後の店の公式インスタグラムでは、“ウエンツ瑛士さん、松坂桃李さんが番組のサプライズでご来店されました!”というコメントを添えて、二人が食べた料理の写真を投稿していたので、視聴者が感じたほど険悪ではなかったようです。これまで綾瀬はるか(32)など、多くの女優と熱愛の噂があった松坂桃李だけに、本当にこのレストランを利用するかもしれませんね」(芸能誌記者)――意外な穴場!

本日の新着記事を読む