乃木坂46・生駒里奈の卒業発表に、ファンから悲しみの声続々

 1月31日、乃木坂46の生駒里奈(22)が、同グループからの卒業を発表。突然の報告に、乃木坂46のファンから悲しみの声が続々と上がっている。

 この日、乃木坂46のオフィシャルサイトにて、生駒の卒業が告知。「20枚目のシングルをもって乃木坂46を卒業することとなりました」と発表された。

 生駒自身も、ブログでグループ卒業を報告。同学年の人が新社会人として挑戦する年齢になり、「大人として一人で生きていくためにはどうしたらいいのか」と思い悩んでいたことを告白。そして、“自分のこれから”を考えたときに、「このままでは足りない」「自分を高めないといけない」と、卒業を決意した理由をつづっていた。

 続けて、生駒は「確かに、まだ乃木坂46でやる事はあると思います」と複雑な心境を明かしながらも、「今の乃木坂46は最強です。だからこそ安心して任せられるのです」とグループの仲間に対する絶大な信頼を語った。

 さらに、これまで応援してくれた生駒のファンに向けて「本当にありがとうございます」と感謝を表し、「どうか、私の背中を押して下さいませんか?」と訴えかけた。

 生駒の乃木坂46からの卒業は、ファンに大きな衝撃を与えたようだ。ネットには「生駒ちゃんが卒業するなんて予想すらしてなかった」「自分の役割が終わったって感じたのかな」「どんどん好きなメンバーが辞めて、少しづつ寂しくなっていく」「また1つの時代が終わるということか……」など、悲しみにくれるコメントが数多く上がっていた。

「生駒里奈のグループ卒業発表の余波は、政界にまで波及しています。乃木坂46の大ファンとして知られる、立憲民主党の枝野幸男代表(53)は、同日の定例会見で、生駒の卒業について言及。神妙な表情で“率直に言って残念だなぁという気持ちが大変大きいです”“(グループ)創成期のまだ人気が出ない、厳しいところを支えてこられたという(生駒の)功績はものすごく大きいと思っています”とコメントしていました」(芸能誌ライター)――残り少ない、“乃木坂46の生駒里奈”を見届けよう。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-