関ジャニ∞・錦戸亮「身長サバ読み疑惑」を、TOKIOが告発!?

 1月31日の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、関ジャニ∞の錦戸亮(33)がゲスト出演。急きょ行われた身体測定の結果に、TOKIOメンバーからツッコミを受ける場面があった。

 毎回、ゲストがTOKIOメンバーからの質問に回答していくこの番組。この日は、2月3日から公開となった主演映画『羊の木』のPRのために番組を訪れた錦戸に、国分太一(43)が「プロフィール、断捨離しません?」と提案。これまで錦戸は、番組出演時に提出するアンケートの趣味・特技欄には「読書、ギター、ベース、ドラム、キーボード、サックス、逆立ち」と書いてきたというが、その項目が多すぎると指摘されてしまう。最近はやれていないということで、メンバーからひとつひとつダメ出しをされながら、最終的に「ギター、ベース」のみを残すこととなった。

 その後、錦戸はTOKIOからプロフィールについて疑惑を持たれてしまう。国分は「おまえが170だったら、俺170あると思うんだよね」と、錦戸の身長欄に書かれている170センチという数字が怪しいのではないかと指摘。スタジオに身長計が持ち込まれ、錦戸が「イヤや!」「今、夜じゃないですか、一番縮んでるじゃないですか!」と抵抗するも、急きょ公開身体測定をすることに。

 錦戸は、ジャンプをしたりひざを伸ばすなど準備運動して計測したが、結果は169.5センチ。錦戸はプロフィールの数字と違うことに、「夜やな」と言い訳。城島茂(47)からの提案で、背中を伸ばすストレッチをした後に2度目の計測をすることになったが、結果は169.4センチ。松岡昌宏(41)から「縮んだぞ」とツッコミを受け、錦戸は「これ、流さんといてほしいな~」と嘆いていた。

「ちなみに、番組ではTOKIOメンバーも身長を計測して、長瀬智也(39)は182センチ、松岡昌弘(41)は180センチと自己申告どおり。山口達也(46)は、167センチと申告していましたが、結果は165.7センチと縮んでいて、“うそ!”とびっくり。国分は逆に、自己申告で167センチのところ、結果は167.5センチで“でかくなってる!”と喜んでましたね」(テレビ誌ライター)――他のグループにも公開身体測定をやってほしい!

本日の新着記事を読む

あなたにオススメ!本日放送の番組はコチラ!