熊切あさ美「前世で人を殺している」結婚できない理由に劇団ひとりも大ウケ

 1月31日放送の『良かれと思って!』(フジテレビ系)に、タレントの熊切あさ美(37)が出演。深刻な男性不信に陥っていることを、MCを務める劇団ひとり(41)らに明かした。

 この日は、熊切がゲストとして登場し、自身の恋愛観についてトークを展開。番組では、熊切の親友から「これまで何人もの男性に裏切られすぎて、完全に男性を信用できなくなってしまっている」という情報が寄せられた。

 そこで番組では熊切の男性不信ぶりを検証すべく、親友の協力で熊切が親友宅で飲んでいる姿を隠し撮りしたVTRが紹介された。まず結婚の話題になったところ、熊切は「結婚相手は妥協っていうのは分かってるの。(でも)踏み込めないよね、怖くて」と結婚に対する恐怖心を吐露すると、「だって、詐欺師ばっかりだよ。男なんて」と不満をぶちまけた。

 熊切によると、男性を見ると全員が嘘つきに見えてしまうそうで、信じられるのは仕事とお金だけだという。そんな熊切の暴走ぶりはとどまるところを知らず、恋愛が順調にいかない理由についても「いろいろあったときに、自分が思うのは、たぶん私、前世に人を殺してしまったんだ」と言い出す始末。さすがにその発言には、VTRを見ていた劇団ひとりも驚きを通り越して笑いころげていた。

 そして親友が「ちょっとエグいやつあったじゃん」と過去の恋愛話に触れたところ、熊切は「あれはもう本当にエグすぎた。だって親まで詐欺に遭ったみたいな感じだもん。(当時の交際相手が私の親に)“結婚をさせてください”って(言って)つきあっていた」と涙ながらに告白。さらに、「だから、嘘をつかない人がいい。結婚を匂わせる男は怖い」「人は信用しない」と過去の恋愛を振り返る熊切に、親友もドン引きしていた。

 VTRが終わり、熊切が「こう見ると病んでるかな?」と質問すると、劇団ひとりは「前世で人を殺しちゃってるからね」とツッコミを入れ、熊切を苦笑いさせていた。

「2015年に歌舞伎俳優の片岡愛之助(45)と破局して以来、熊切はバラエティ番組で失恋をネタにし続けています。いい相手を見つけたいんでしょうが、恋愛の話をすればするほど男性が近づきづらくなるという、完全な悪循環に陥っていますね。誰か理解ある男性が見つかればいいんですが」(芸能誌記者)――闇は深い……。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP