南海キャンディーズ山里亮太、福岡の女子アナとLINE交換するも連絡なし

 1月31日深夜放送のラジオ番組『JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で南海キャンディーズの山里亮太(40)が、博多華丸・大吉の博多大吉(46)に勧められて、福岡のテレビ局の女性アナウンサーとLINEのIDを交換したと明かした。

 この日の山里は、番組冒頭に2月16、17日に東京グローブ座で開催される、南海キャンディーズの初単独ライブに向けて、野外で素材映像を撮影していたところ、体調を崩してしまい、生放送直前まで横になっていたと告白した。

 その後、山里へのダメ出しネタなどを子どもが読み上げる“子どもたちを責めないで”のコーナーで、「おい、山里。華大さんの27周年で福岡に行ったときに、女子アナとLINE交換した話、なんで黙ってたんだよ」というメールが紹介されると、山里は「ピタッと来ないわ、LINEが」とつぶやいた。

 さらに山里は黙っていた理由を、「そういう人(女性)が、華大さんの打ち上げに来てるって言ったら、華大さんにアレかなって思って」と、博多華丸・大吉に気を遣ったからだと釈明した。続けて「バカリさんが言ってたんでしょ。これ」と、お笑いタレントのバカリズム(42)が暴露したのだろうと推測していた。これは、1月25日放送のラジオ番組『バカリズムのオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)で、バカリズムが1月20日に福岡で開催された『博多華丸・大吉27周年記念公演』の、打ち上げの二次会に、地元福岡のテレビ局の女性アナウンサーが参加しており、博多大吉が面白がって山里の隣りに座らせたと語ったことを指している。

■バカリズムは決定的証拠を持っている!?

 山里はそのときの様子を、みんなでふざけていて、強引にLINEのIDを交換させられたのだと説明。さらに「ちゃんっと、来ないね。何の連絡も」と、女性アナからの連絡は一切なかったと告白した。山里は「打ち上げでみんながさ、俺をみこしに乗せてさ、その瞬間だけいい風吹くけど、そこからピタリよ、結局。あの打ち上げの場所出たら、終わりなんだよ。夢の世界は」と言い捨てていた。

「バカリズムはLINEのID交換の様子を暴露するだけでなく、山里と女性アナとのツーショットや、無茶ぶりされて一緒にやった変なギャグの動画を自身のスマホに保存してあるとも語っていました。“そのうち、どこかでアップしたいと思います”とも予告していたので、楽しみですね」(お笑いライター)――ぜひ公開を!

本日の新着記事を読む