嵐・櫻井翔「今年は新しいチャレンジ」正月の親孝行話にファンもほっこり

 2月1日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)で、櫻井翔(36)が母親の誕生日にサプライズを仕かけたと告白し、ファンをほっこりさせたようだ。

 番組冒頭、櫻井が今年の正月休みをメンバーがどう過ごしたのかを質問した。松本潤(34)は、現在放送中のミステリードラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)の撮影で忙しかったようで「事実を追い求めてるからね」と、休みはなかったと返答。相葉雅紀(35)は二宮和也(34)と過ごしたそうで「ニノんち行って、たこ焼きやったり」と報告して、スタジオを驚かせた。

 また、一人家で過ごしていたという大野智(37)は、コンサートツアーで訪れた北海道でもらって冷凍していたイクラを解凍し、ひたすらイクラ丼を食べていたそうで、一人ではあったものの、豪華な正月を過ごしたようだ。

 そんな中、櫻井は「今年、新しいチャレンジをして」「おふくろと二人で海外行ってきた」と告白。母親の誕生日が近かったため、旅先で訪れたレストランで母親のためにサプライズを用意しようと、トイレに行くふりをして、店員にそっとバースデープレートをお願いしたという。母親の名前のスペルを伝えたという櫻井だったが、うまく伝わらなかったようで、その店員が、席に戻った櫻井のもとへ「すいません。スペルなんでしたっけ?」と確認に来てしまったという。その瞬間、母親にもバレてしまい「何!? 翔ちゃん、サプライズでお祝いしてくれるの?」と、せっかくのサプライズがバレてしまったと告白した。

 スタジオも大笑いしたこのエピソード。SNSなどでは「お母様との旅行のお話ホントすてきすぎる」「お母さんからも“翔ちゃん”って呼ばれてるんだ」「櫻井親子の旅行話でなんだかほっこりした!」「親孝行息子」といった声が上がり、ファンにも大ウケだったようだ。

「櫻井翔といえば、ジャニーズきっての親孝行キャラでもあります。過去にはなんと、軽井沢の一等地に、別荘を建てて両親にプレゼントしたなんていうことが週刊誌に報道されていました」(アイドル誌ライター)

 サプライズ失敗も櫻井らしさか。幸せな親子関係にほっこりしたという人が多かったようだ。

本日の新着記事を読む