■大忙し!? 葬式前に喪主がやることリスト

 人が亡くなってから葬式を執り行うまでには、想像以上に多くの段取りが待ち受けている。喪主を筆頭とした遺族がやることをリストにしてみた。

●葬式に必要な書類を手配する

 病院で亡くなったときは「死亡診断書」を受け取って「退院手続き」を行う必要がある。役所に「死亡届」を提出して受理されると、火葬のときに必要な「火葬許可証」が交付されるため、忘れずに受け取ろう。

 自宅で亡くなった場合で、かかりつけの病院がなければ、まず警察に連絡する。実況見分の後、死因が判明し事件性がなければ、「死体検案書」を作成してもらえる。そして役所へ「死亡届」(死体検案書の見開きの半面が死亡届)を提出し、「火葬許可証」を発行してもらう。このとき、斎場の空き状況を確認し、火葬場の予約をする必要があるため、届け出全般を葬儀会社に代行してもらうことが多い。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5