小泉今日子が告白した豊原功補との不倫、撮影現場でも「うちの人」発言

 小泉今日子(51)が2月1日、デビューから36年間所属した事務所からの独立を発表した。だがそれ以上に世間を驚かせたのが、交際を報じられてきた俳優の豊原功補(52)との“不倫告白”だ。

 自身のHPに掲載された文章には「人間としてのけじめ」「豊原功補氏は同じ夢を追う同士」「一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係」といった衝撃的な言葉がつづられていた。

 小泉と豊原の交際が発覚したのは2015年3月のこと。週刊誌でお泊まりデートがスクープされ、その後もデートする姿がたびたび報じられてきた。

「最初に交際が発覚した時から豊原は離婚していないのでは? という声もありましたが、その後の報道で、その関係は“同志愛”から“ビジネスパートナー”に変化しました。そして、いつの間にか、“豊原=離婚”というのが既成事実のように流れていったのです」(スポーツ紙記者)

 今回、小泉は当時の報道に対して「豊原氏にはご家庭があります。(中略)インターネットや雑誌などにはすでに離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました」と自ら説明し、さらに「このようなことになりご家族にはお詫びの言葉もございません。そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません」と釈明した。

 一方の豊原も「家族とは3年近く以前より住まいを別にしており」と夫婦関係が事実上、破綻していることを明かし、小泉との恋愛関係を認めたうえで「責任は私にあります。今後全て私の一身で受ける所存であります」と心情を打ち明けている。

 独立を機に自分なりのけじめとして“不倫”の事実を明らかにした小泉の行動に、ネット上では疑問を呈する声があがった。

「豊原の家族にお詫びの言葉もありませんと言いながら、不倫宣言するの?」

「3年前から別居してるから恋愛関係になったと言いたいの?」

「奥さんと子どもさんの気持ちを忖度できないの?」

「サバサバして、自然体で生きているキョンキョンが好きだけど、これはないよ」

「豊原は離婚に向けての話し合いをしているそうです。現在、小泉は主演映画『食べる女』の撮影中ですが、現場でもたまに“うちの人はさ~”といった呼び方が出てしまうみたいで、気持ちは紛れもなくパートナーのようです。覚悟のうえで不倫宣言をして、二人は新たな道を模索する決意をしたといいますが、その前にやるべきことがあるのですがね……」(芸能プロ関係者)

 キョンキョンのモットーは「自分の過去を否定せず、認めること」だという。今回の行動はそれに従っただけなのだろう。

<取材・文/小窪誠子>

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-