SKE48全国ツアー再開!新潟公演が大盛況

 2018年2月10日、SKE48全国ツアー『SKE4847都道府県全国ツアー〜機は熟した。全国へ行こう!〜』が再始動した。

 2017年5月7日に行われた、なら100年会館(奈良県奈良市)でのコンサートから約9か月振り。28番目の会場となった新潟テルサ(新潟県新潟市)では昼公演と夜公演が行われ、ツアーの再開を心待ちにしていたファンで埋めつくされた。

 昼公演のステージの幕があがると、出演メンバー18人全員で、『パレオはエメラルド』『恋を語る詩人になれなくて』『バンザイ Venus』を披露し、キャプテンの斉藤真木子は「こんな雪で寒い新潟の地を(私たちが)日本一、いや地球一熱い場所にしていきたいと思います!」と宣言した。

 その後、ユニットブロックやMCコーナーなどを経て『コケティッシュ渋滞中』『12 月のカンガルー』などSKE48のシングル曲を披露し、最後は2018年1月に発売したばかりの新曲『無意識の色』で本編を締めくくった。

 夜公演のアンコールでは、3月31日にさいたまスーパーアリーナでSKE48単独コンサートを行うことがサプライズで発表された。斉藤は「初めて(このサプライズ発表の)文を読めなくなるくらい感動したので、みなさんぜひ、さいたまスーパーアリーナに遊びにきてください」とファンに呼びかけていた。

★EX大衆2018年2月号は惣田紗莉渚さんのグラビアや、SKE48特集を掲載。ただいま絶賛発売中!
購入はこちら